人の魅力は声に宿る?人は声に恋をするのか?

スポンサードリンク

声、それはバイブレーションそのもの。

香りは脳に瞬時に到達するというけれど、

声はバイブレーションとして、肌に、骨に、内臓に響く魔力があるように思います。また、死が近づき最後まで残る五感は聴覚とも言われています。

映画もある意味、私は食べる時の音を聞くためにあるのではないかと思っているほど。

声のバイブレーション、間、どんなところに惹かれるのか考えてみました。

スポンサードリンク

俳優 斎藤工さんの骨に響くセクシーボイス


 
View this post on Instagram
 

nahoさん(@naho.soria)がシェアした投稿


声の重要性を改めて認識したきっかけがあります。

それは、思いがけず仕事の現場で、斎藤工さんの生声を聞いたのです。テレビで拝見していて、いい声だなぁとは思っていましたが、生声の衝撃たるや、腰がくだけた!

骨まで振動するような魅惑ボイスの倍音を身体に受け、一生でティースプーン一杯しか作られないという女性ホルモンが、大放出。骨髄液が揺れた!笑

また、その声が私に、言葉をおろす、おろす!人生であんなに饒舌になったことはないのでは、なかろうか・・・と言わんばかりに、その声を賛美する言葉が溢れてくる!!

たしかに高校生の時、衝撃的に恋したのも、私は声だったことを思い出しました。

あのツヤ、少ない言葉でウィットな会話ができる知性、人気俳優であり監督でもある斎藤工さんの全てが声にも、しっかりとのっていました。

ずっと聴きたくなるおじいちゃん先生のα波ボイス


男性、女性限らず、魅力的な方の声はずっと聴きたくなります。

とある権威のお医者さまがおりまして、その先生の声も私にとってご馳走です。

内容を聞いていても、理解できるような、できないような(学術的な)話でも、眠くなるような、かつ次元を広げてくれるような心地よさがあって、いつまでも聞いていたくなります。1/fのゆらぎ?もしくはα波が出てるのでは?

たぶん、その先生は、凝り固まった頭を柔軟にさせていく、魔力を声にのせているんだと思います。(これは意識的にされてる気がする)

内容がわからなくても、ずっと聞いていたくなるバイブレーションを出しているんです。

先生の声は、ボサノバの神さまジョアンジルベルトのコンサートで聞いた彼の歌声に通じます。

いつ無から音を紡ぎ出したのか分からない、いつ眠りから覚めたか分からないような、アンニュイな無から有を生み出すような、マントラみたいな心地よさがあるのです。

ここでわかることは、若さ=惹かれる声ではないということになります。

その声に生き方、人生、在り方がのっている。その一部を声によって授けてもらっているような尊さがあります。歳を重ねるごとに魅力的になる声、最高ではないですか!

間の取り方が絶妙 GACKTさんの囁きボイス

スポンサードリンク


 
View this post on Instagram
 

yarenさん(@yaren_camui74)がシェアした投稿



先日ガクトさんが、テレビのバラエティ番組にでていらっしゃいました。芸人さんの前のめりな声とは裏腹に、ガクトさんは、急がず、あせらず、自分のペースで、自分のリズムで、小さな声で語ります。

なんて、自分の間、自分のペース、自分の感性を大切にしている方なんだろう。

耳を澄ませて、つい聞いてしまう声。

おかげでその翌朝、クアラルンプールのお宅で一緒に数名で食事をしている夢をみたほどです。

夢にまで残るあの間合い。

たくさんの言葉を口から紡ぎ出すことが、相手に印象を与えることではないのです

自分の感じたリズムと、自分のペースで、自分の間で語ることの吸引力をまじまじと感じました。

逆に声を荒げれば荒げるほど、内容は入ってこないものです。声プラス間(ま)に、ヒントが隠されているように思います。

書でいえば、墨の部分ではない空白の部分。

文章でいえば、行間。

間を恐れることなくとることができる人は、自分のリズムを信頼している人なのかもしれません。

「いい声ですね」は最高の褒め言葉

斎藤工さんのようなセクシーで、おじいちゃん先生のようなアンニュイさを持ち備え、ガクトさんのように間がとれる人物がいたら・・・

間違いなく恋に落ちる自信があります。笑。

想像しただけで、テンションあがる!!!

女性は特に、声に敏感。声のバイブレーションで、ある程度相手の性格まで読み取れるのではないでしょうか。

声はいつだって、丸裸!

どんなに本心を隠しても、バイブレーションでみえています。

人生、在り方までのるその声をもしも褒められたとしたら、それは最高の褒め言葉。

以上、人の魅力はやはり声に宿ると思う!でした!

オヴァア!

関連記事
フェロモンは耳の裏から?自分に合うかどうかは匂いで分かる!?

声に向き合うと、自分の人生・在り方に気がつく。

Mayumi
声って面白い。見えないのに、確かに個性があって、確かに存在している。
いい声の人は、内容がなくても!?深い話をして聞こえるのは私だけでしょうか。内容よりも声の質をあげたほうが、伝わるかもしれません。もちろん声の質も内容もよいことにこしたことはありませんがw
スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

小坪 真由美

このメディアの主催者で編集長。本音で生きる自分らしい生き方や暮らし方を追求し、魂から望む豊かな生き方のヒントと刺激と発信をしている。