「うける〜」というと物事が好転する

どんな時でも、想定外のことはおきます。

その時に、無理やり前向きに転換することもありません。

おすすめのフレーズは、「うける〜」です。

3分で読める内容で、さくっとお伝えします!




Sponsored link

「うける〜!」と発すると気分が好転する



人生は、紆余曲折さまざまなことがおきます。

私の最近の最大のショッキングだったことは、パリのバンドーム広場にあるリッツ本店の中庭のバーで、歯が折れたことです。

今となっては、うける〜!です。

超快適で、視界からみえる世界も美しく、サービスも素晴らしい。さらにはカクテルなんて飲んでる時に、まさかの歯、折れるです。

絶対忘れないし、衝撃的すぎてインパクトありすぎのネタです。

だからといって、また起きたい!と思いませんが、起きてしまったことについては、

「うける〜」

です。

[amazonjs asin=”4761262788″ locale=”JP” title=”リッツ・カールトンが大切にする サービスを超える瞬間”]

様々な現実に対応できる「うける〜!」の一言



(外を眺める、起きネコ。異様でかわいい。これもうける)

もしもあなたが、お金にすごーく困っていて?財布に126円しかない。

スカートが破けて、パンツがみえた。

婚約破棄になった。

新幹線に乗り遅れた。

毎朝行きたくない電車に乗って通勤してる。

など、、、

もう、衝撃的な時こそ、

うける〜!

です。うけるとは受けるにも通じるのかもしれません。その現実を受容する言葉ともいえます。まるで自分がコメディ映画の主人公のように、その現状を受容できるのです。笑。

すると、あわてたり、悲しんだりというよりも、なんだかうけてる自分に笑いがこみ上げてきて、さあ、それでどんな未来をクリエイトしようか!という気分になるから不思議です。客観的になれるんですね。

歯が折れた時も、本当にショックでしたけれど、どこかでおいしい出来事、と思える自分もいて、、ネタになりますから。

というのが、私の所感。

ぜひ試しにやってみてください。やらなくてもいいです。でも、私の場合は、すごく自分のことを愛おしく思えました。

ということで、今日なんだか自分の望まない現実が起きたら、ぜひ、うけるー!といってみてください。

うれしごはん的小話でした!

笑いのある人生に乾杯!

[amazonjs asin=”479738414X” locale=”JP” title=”リッツ・カールトンで学んだ マンガでわかる一流のおもてなし”]
アディオス!

最新情報をチェックしよう!