韓国ソウル女子旅・その2おしゃれスポット新沙洞(シンサドン)・カロスキルを歩く

ソウル シンサドン
スポンサードリンク

韓国ソウル女子旅。読むだけでなぜか気分があがる”うれしごはん“へようこそ!

韓国ソウルの交通事情を、ある程度理解したらレッツゴー!お出かけしましょう!
韓国ソウル女子旅・その1交通編(タクシー&地下鉄の乗り方)

私が一番テンションの上がった街は、江南(カンナム)の新沙洞(シンサドン)!

日本でいうと青山・代官山といったイメージの街です。

街路樹に囲まれたトレンドスポット、カロスキル(街路樹通り)はまさに歩いているだけで楽しくなるスポット!テンション上がるって大事です。

カロスキルのメイン通りだけでなく、平行した通りには、おしゃれなカフェが点在しています♪

また10月末〜11月頭にいったのですが、韓国ソウルはまさに秋色!!
おしゃれなお店が多く、ちょうど洋服のセール中!!そして日本と若干流行りが違うのも女子心をくすぐります。

街路樹が色づく秋の季節はとってもおすすめです!ではどうぞ!!


トレンドスポット・カロスキル(街路樹通り)は散策するだけでも楽しい!ファッションも充実

雰囲気は骨董通りのような、表参道のような


シンサドンの中でも、おすすめなのはトレンドスポット・カロスキル(街路樹通り)!
最寄駅は、3号線337番のシンサ駅!

位置はこのあたり!ソウル駅から南東方向です。ソウル駅から地下鉄でだいたい30分くらいの距離です!


シンサ駅を降りて、徒歩10分ほどで街路樹通りにたどり着きます!

途中の大通りも、セールに遭遇!

駅のある大通り沿いにあるお店!


こちらのお店、シンプルだけど肌触りがよくて形もよく、しかもリーズナブルでコートを含め3着購入しました。(それでもコートは日本円で1万円ほど!レースのニット2000円くらい(日本で似たのを8000円くらいで購入しましたよ!写真はのちほど)

カロスキル(街路樹通り)に到着しても、あちこち気になるお店が多い!

ここはきれいな色物が豊富でしたー!


このお店でもテンションがあがってしまって、ホワイトのもふもふのニットを購入!60000ウォンくらい。(日本円で6000円くらい)
他も欲しくなりましたが、財布の紐をしめました。笑。

ふと横道にそれても
カロスキル

この奥はどこにつながってるの〜とあゆみを進めてしまいます♪


こんなしゃれおつなショップが!
ソウル シンサドン

 なぜか街に柿の木が多かったです。しかもたわわになってました!


洋服以外に、無印用品に似た雑貨店、他にもジュエリーショップも!

手頃な価格でしかも可愛い



こちらでも1点ロングネックレスを購入しました。


ショップカードをもらってきたのですが、紛失。でもメイン通りにあるのでぜひ立ち寄ってみてください。
ふらふらと感性に呼ばれるままにお店に立ち寄るのが一番です^^

日が当たっているところはイチョウも黄色に♪

いい季節です!


ふと見上げても、気になるカフェが多い。

シンサドンは、おしゃれなカフェが多くレンガ造りの雰囲気のあるスポット

カロスキル カフェ

カロスキルの通りにあるカフェで一休み。景色がご馳走です。席数も多くてゆったり


冒頭でもご紹介した通り、カロスキルのメイン通りと平行した道があって、そちらはすてきカフェが多い。
そして、煉瓦造りの建物がいい雰囲気なんです。

テラス好きの私としてはよき季節に、立ち寄りたいカフェ。


ふらふらとしてるだけで楽しいストリートです。

ビルに映ったレンガもまたすてき!


落書きもアートです!

おしゃれ!


カロスキル

レンガの味わいが非常にいい。


こちらのお店はチョコレートやさん!


ということで、洋服もカフェも充実したカロスキル。お散歩だけでも楽しい街ですのでぜひいってみてください!

シンサドンで購入したもの


ちなみに、こんなものを購入しました!


冬物が欲しかったのでちょうどよい旅となりました。

ジュエリーも!(でも金の色が少し安っぽかったので、トルコカラーのネックレスだけ使ってます。3000円くらい。

もふもふニットを合わせようと思い購入。


ということで、ぜひ韓国ソウルにいった際はシンサドン、シンサ駅近くのカロスキルへ行ってみてください!


アディオス!

韓国女子旅はこちら
韓国ソウル女子旅・その1交通編(タクシー&地下鉄の乗り方)

台湾ベジタリアンな女子旅はこちら
ベジタリアンな女子旅!台湾 台北 雑貨とカフェが楽しい迪化街を歩く

Mayumi
シンサドン・・・想像以上に楽しい街でテンションあがりました。肌触りがよくて、着心地がよくてデザインもよくて、リーズナブルな服に出会い本当に満足でした!テンションがあがるって大切!












スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

小坪 真由美

このメディアの主催者で編集長。目黒区在住。フリーペーパーの編集をしながらフードスタイリストとして有名料理研究家のアシスタントや、DVDの料理のスタイリングなども手がける。特技は野菜だけで美味しい料理を作ること。ナチュラルな暮らしを追求しながら、女性がより豊かに生きるための活動と発信をしている。