韓国ソウル女子旅・その3 西大門〜景福宮散歩おすすめルート

福寿宮 壁 ソンデモン 西大門地区
スポンサードリンク

旅先での朝の散歩は格別なものです。

朝の新鮮な空気を味わいながら、知らない道を気ままに歩く・・・これだけで発見と喜びがあるのが旅先での朝散歩。

そこに住む人たちの生の空気を味わえるのも、朝ならではの味わいでしょう。

今回宿泊したのは、駅直結のホテルソウル西大門(ソンデモン)にある新羅ステイホテル

西大門駅から景福宮までゆっくり気の向くままに歩いてきましたが、とてもいい散歩コースだったのでご紹介します。

西大門(ソンデモン)地区には、大韓民国で初の女子大である梨花女子大学など、レンガの風情ある街並みが楽しめます。

途中ソウル私立美術館〜福寿宮の脇を通る道の壁が韓国らしくてすてきな道でした!

ではどうぞ!


西大門(ソンデモン)から景福宮へ歩く散歩道


歩いたのは、西大門(ソンデモン)から景福宮まで最短で30~40分ほどの距離です。



地図通りに歩くとこんなルート↑
(実際は、右にどこかで曲がって大通りにでたらまっすく歩く。くらいインプット!)

大まかな道を地図で確認して、あとは気ままに歩くことに。

こんな感じのお店も早くからオープン。コーヒーショップも多いエリアでした。

西大門駅周辺は、オフィス街のようで朝早くからお店が空いていました。
おしゃれなベーカリーから、庶民派の食堂までかなり早い時間からオープンしている模様。
韓国 ソウル レンタサイクル

レンタサイクルは、各国でどんどん普及していただきたい。

ソウル市内にはレンタサイクルもあるようです。使い方はわかりませんでしたが、
自転車も利用するとさらに楽しめそう。
旅行先では美味しいものがいっぱいなので、よく歩いたり自転車を利用すると気も循環し運気を取り込む意味でも、三方よしです!

韓国の伝統餅が勢揃いピジョンpizeunはお土産にもおすすめ


大通りから右に曲がり最初に散歩で見つけたのは、韓国の伝統餅が勢揃いするピジュン!
ソウル市内のあちこちにあるチェーン店のようです。店舗によってはカフェスペースもあります。
韓国人にとって身近な食べ物がなのが「トッ(餅)」
トッポギなどもそうですが、韓国はお餅をよく食べる文化。
お餅ケーキというものあるくらいなので、日本以上にお餅を愛している国のようです。

余談ですが、韓国の方が肌が綺麗なのはあまりパン(焼いた小麦を食べない)からと韓国の料理家である李宰蓮がおしゃってました。
焼いた小麦よりも、蒸した餅のほうが腸にもよいですね!

半分だけうつっている女性は、ショーウィンドーに何か伝統餅の賞を受賞されたと記載されてました!


吸い寄せられるように入店!

写真イラストの女性が、さきほどのお店の外に立つ女性。


店内のお菓子も、和菓子のように可愛らしいものが多い。

伝統餅がたくさん並んでます。


たっぷりのあずきがついた和菓子!これ購入して帰国してから食べましたがすごく美味しかった!!


よもぎの蒸しパンを購入。よもぎたっぷりで香りがいい〜!


なつめチップスや他お土産用にお菓子を購入。
他に、ヨモギの蒸しパンも1点購入。歩きながら食べたのですが、日本のものと違いよもぎがしっかり入っていて香りもして美味しかったです。

ピジュンの各店舗は詳細ののったサイトをみつけたので興味のある方は
こちらをチェック!ソウルにかなり店舗があるので、普通に歩いていて見かける可能性大のお店です!
こちらのサイトに!

梨花女子大学周辺はレンガの建物があり雰囲気抜群!

レンガと色づいた木々が美しい通りです。


その後ピジュンのあった道を下っていくと、雰囲気のある通りに。

レンガの建物と、韓国の昔ながらの門などが調和してすてきな雰囲気です。

立派な門


青空とレンガが映えます。

レンガの建物と韓国らしい壁。


シンサドンの街路樹通りもそうですが、レンガの建物が結構あるのですね。


ちょっとしたレストランも雰囲気がありました。
ただ歩いていても楽しい気分になる通りです。

カフェもすてき


インスタ映えする福寿宮の壁

そのまま道を下っていくと、交差点にぶつかり、福寿宮の壁が見えてきます。
この壁が少し曲がりくねっていてとても素敵。

木々の紅葉とマッチ。この壁のくねりがいい味だしてます!


多くの観光客がこの壁で写真を撮っていました。
福寿宮 壁 ソンデモン 西大門地区 この壁が終わるところに福寿宮の正門へと到着です。

福寿宮も入場料を払えば見学できるよう


福寿宮〜景福宮(キョンボックン)へ!圧巻の大きさ!

遠くからみても立派です!


気ままにあるいたため少し遠回りとなりましたが、この後北へ向かい景福宮まで大通りを10分以上歩きました。

するとこの巨大さ!

ひとまず近づいてみることに!


ぐっと近づいてみる


するとやはり想像以上に大きい。

立派でそして美しい!


ということで無事景福宮まで到着しました!
600年の歴史をそのままに伝える李朝時代の正宮・景福宮!は、ソウル市内の宮殿でナンバーワンだそうです。ぜひお時間がある際はなかまで見学してみてください!

では足早でしたが、おすすめお散歩道でした!
福寿宮の門の左側の道を進むと、この長い壁がありこのあたりだけでも、ぜひ散策してみてください!


アディオス!

韓国女子旅関連記事はこちら

韓国ソウル女子旅・その1交通編(タクシー&地下鉄の乗り方)
韓国ソウル女子旅・その2おしゃれスポット新沙洞(シンサドン)・カロスキルを歩く

Mayumi
たくさんの下調べをすることも楽しいですが、ある程度ざっくり決めて気の向くままに歩くと
五感が働き楽しい発見がある気がします。みなさまもぜひ、旅行先では気の向くまま惹かれるままに歩いてみてください。そこにはきっとあなたの感性に触れる出会いがあるはずです!



スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

小坪 真由美

このメディアの主催者で編集長。目黒区在住。フリーペーパーの編集をしながらフードスタイリストとして有名料理研究家のアシスタントや、DVDの料理のスタイリングなども手がける。特技は野菜だけで美味しい料理を作ること。ナチュラルな暮らしを追求しながら、女性がより豊かに生きるための活動と発信をしている。