マクロビ・米粉!私がはまった、ナチュラル系焼き菓子おすすめ本

EAT

私はナチュラル系のお菓子が大好きです。

素朴でシンプル。

いっときは美味しいケーキを求めて食べ歩いた懐かしい時もあり(甘酸っぱい思い出とともにサヨウナラ)、その芸術的ハーモニーに感動していましたが、今のベースは自然派(たまには寄り道しますよ)。

なぜってちょっぴりギルティーフリーで、安心。

そして年齢のせいか??生クリームこってり砂糖たっぷりのものをおいしいと感じなくなってしまった!(残念ながら!笑)

でも甘いものを食べるひとときは好き。皆が和やかに楽しむ空気。ほっとする自分時間。お菓子の焼ける甘い香り。どれも幸せな空気がします。

焼き菓子を作るワクワクした感じもすき!

子どものころ毎日のようにみたお菓子作りの本や、絵本の物語にはいつもワクワクが詰まっていました。

生前母は、誕生日にはケーキを焼いてくれ、なくなってからも兄と一緒に母が作ってくれた懐かしのパウンドケーキを兄弟で焼いたりしたこともありました。

ということで、やっぱりお菓子って素敵!!

大人になって、わたくしがリピートして作ったおすすめの本をご紹介します!


Sponsored link

まいにち食べたいシリーズの鉄板!なかしましほさんの本


[amazonjs asin=”4391628171″ locale=”JP” title=”まいにち食べたい“ごはんのような”クッキーとビスケットの本”]
この本は、本当にいっときリピートしまくりました。バターや卵を使わなくても作れるシンプルな工程で、手作りお菓子にはまったときは、この本が本当に役立ちました。会社のおやつに焼いていったりもしてました。

油は菜種油を使用し、

[amazonjs asin=”B003GSJPMM” locale=”JP” title=”国産 農薬非使用栽培なたね使用 菜の花畑なたね油(650g)”]
この菜種油を使って作ってました!ほんとうにいい油で作るというのが大切。なぜって美味しいw

最近はココナッツオイルなども人気ですが、お近くの自然派系のスーパーでぜひお気に入りを見つけてください。

米粉のマドレーヌやマフィンにこの本ではまる!上原まりこ先生


[amazonjs asin=”4579212509″ locale=”JP” title=”グルテンフリーのお菓子 マクロビだからカンタン。”]
次にはまったのは上原まりこ先生の本。もともと先生の主催するマクロウタセでマクロビオティックを学んだこともあり、本のアシスタントをさせていただいたのもよい思い出ですが、いっとき、マフィンやマドレーヌを暇があれば作っていました。それこそ、会社にいく前に朝とかいきなり作り出したり、マクロビのお菓子は、工程も簡単ですぐに焼けるので気軽なところがとってもいいです!

米粉は、製菓用のものを使わないと安定してできないので、いつもあきたこまちマイドルチェを使っていました。

[amazonjs asin=”B01KNETDA0″ locale=”JP” title=”米粉 あきたこまちマイドルチェ 製菓用米粉 ノングルテン 1kg”]
そういえば、マクロビオティックを学んでいた一年半?くらいは、コンビニに寄らなかったし、ほぼお菓子はすべて手作りしていました(いまはそれは崩壊してますw)

夢中になるってすごいですね。

ちなみに、アドレーヌ型は、シリコンじゃなくて自由が丘のお菓子作りの道具やさん、グランシェフで、ステンレス?かなにか金属の型を買い求めました(焼き色が美味しくできます)レアな道具も揃う!

グランシェフ

簡単にできる自然派グラノーラ作りならこれ!みつはしあやこさん


[amazonjs asin=”4074017105″ locale=”JP” title=”毎日食べたい! 私の好きなグラノーラ ―グラノーラ専門料理教室の人気レシピ50″]
そしてグラノーラ作りなら、みつはしあやこさんのご本!

実は、日本の発酵を学ぶ講座でご一緒したのがきっかけで、ご本を知り、その後作ったらまあグラノーラが簡単でおいしい!私は硬くてザクザクしたものが本当にすきで、食べ過ぎ注意なのですが、みつはしあやこさんの愛あふれた活動も、とても共感しています。味噌作りのワークなどもあり、まさに私が思う素敵なご家族の象徴です。

View this post on Instagram

* そんな訳で(どんな訳でしょう) 必要に迫られプロフィール写真を… 「ひとりで写った」「カメラ目線」「バストアップ」 と御指示戴いても 私にはこれが限界でしたーっ😆❗ ヒップアップやないかー 寝ている息子、道連れかーい…笑 (2枚目起きた👀) * 身の程知らずで毎日恥をさらす日々。 自分の不出来な部分を考えると 朝から深ーいタメ息が出てしまうけれど それを許容してくれる家族や そこを必要としてくださるかたに恵まれ感謝しかなく それを意識し目を向け私は心底幸せだといつも思う! 周りの皆様へ いつも本当にありがとうございます。 * * * 細部まで私らしさを大切に撮影してくださった @megumi_tange めぐみさんに感謝致します*.+

みつはしあやこさん(@mitsuhashi_ayako)がシェアした投稿 –


伝説のヴィーガンたまごサンドの高橋直弓さんのマクロビお菓子本


[amazonjs asin=”4777937887″ locale=”JP” title=”簡単! 毎日食べたくなる! からだにやさしいお菓子 (ei cooking)”]
伝説のヴィーガンたまごサンドを作った高橋直美さんのお菓子もまた美味なんです。この本の中に出てくる土鍋で作るリンゴケーキは優しくて美味しいですよ!

アレルギーっ子も安心!卵なしのタマゴサンドが絶品!高橋 直弓さん監修・南浦和URAWA BIOオープン!

こちらのヴィーガンアフターヌーンティーを作ってくださったのも高橋直弓さんです!

6月2日(土)阿佐ヶ谷ペーターズにてベジイベント開催!【満員御礼で終了】

ゆっこクッキングスタジオの米粉のお菓子



そして、まだ本は出ていないのですが、うれしごはんでも、美肌についてインタビューしたこともあるゆっこさん。

美肌になる食べ物は?ゆっこクッキングスタジオゆっこさんに聞く。

彼女が作る米粉のお菓子などを、ずっとスタイリングさせていただいていますが、ゆっこさんの子どもにも食べさせたい米粉のお菓子は、なんだか素朴でいいんです。


現在まだ本はでていませんが、そのうちできる気がします。今は、食育も兼ねたお話がきけるメルマガも配信しています。ご興味のある方は、ぜひ登録してみてください。メルマガに登録するとパパも喜ぶジャンク飯のレシピ付きPDFがもらえますよ!

「食」を通して、子どもに明るい未来を!食べトレ・おやつ部長 鈴木ゆきこのメルマガ

底抜けに明るい彼女からパワーももらえるはず!


ということで、最近は、ほぼ分量を図らずもろもろお菓子作りをしていしまうという、荒技なわたしですが(昨日はグラノーラを作りましたよ)それも、これらの本で、お気に入りのレシピをなんども作って、感覚がわかってきたおかげです。

バターや卵を使っていないレシピだと、ほぼオーブンで焼いている間に洗い物は終わるし、本当に楽チンです。

こどもがいたら、わたしも手作りのお菓子を一緒につくって、和やかな時間を過ごしたいものです。

ということで、妄想が現実になるように祈ってて!

チャオ!

[voice icon=”http://ureshi-gohan.com/wp-content/uploads/2017/06/3-ureshi-2016.jpg” name=”Mayumi” type=”r”]
そういえば、おすすめの本というか、なんどもページを開いたお菓子の本を紹介してみようとふと思いアップしました!焼き菓子を作りたくなる季節ですね!ちなみに上記紹介した本のすべての方にお会いしたことがありますので、安心しておすすめできます

[/voice]
最新情報をチェックしよう!