Paris 暑さとバス地下鉄カルネやのNAVIGOこと。

Parisに今回は数日間だけ滞在予定。2020年の東京オリンピックのあと、次のバトンはParisへ。なんとステキなリレーでしょうか。ステキな橋渡しになるといいなと思っています!

Parisプチ事情とともに、地下鉄のカルネやら、もろもろご紹介いたします。




Sponsored link

パリの公共水道からは炭酸水が出る!?



グレノーブルからTGVに乗り約3時間。リヨンを通り、GARE DE LIYONに到着しました。


広告と制服姿の方が妙にしっくりきてます。さて、愛媛かの蛇口からはみかんジュースがでて、静岡では緑茶が出る?と聞いたけどがありますが、なんとパリでは炭酸水がでる蛇口があるという都市伝説!?


そうなんです。一部実験的に炭酸水がでるところがあるらしくて、こちらがそうなんですって!驚き。


こちらがその都市伝説的な炭酸水道!東京と同様にパリの水も安全で美味しいというアピールね一貫だとか。


ちなみに世界的な温暖化の影響でしょうか?熱中症対策的に、バスには水を飲みましょう。過度な運動は避けましょう。バランスの良い食事を心がけましょう。知り合いとこまめに連絡を取りましょうなどの注意喚起のポスターがありました。でもそのポスターさえデザイン性が高い。

カルネで乗るか、カードでバスや地下鉄で乗るか



かなり久しぶりのパリ。少し緊張気味でございます。20番のバスに乗るということで、パリにほぼ毎年きているルーセル先生は慣れたもので、カルネを大目に買っておいて、すぐにパリにきたときにカルネでバスや地下鉄に乗れるようにしているのだそう。うーんさすが。(みなさんもぜひ真似してみて)

カルネは1枚1.9ユーロ。10枚14.9ユーロ。毎回ちょこちょこ乗るのなら、カードで一週間分購入したほうが便利な場合も。


地下鉄の入り口周辺にあるので、自分のたびに合わせてチョイスするとよいでしょう。


NAVIGOというのは、月曜日から日曜日まで一週間使えるもので、22.8ユーロ、さらに証明書の写真が必要になるので、日本からぜひ持参を。サイズは適当にスタッフさんが切ってくれます。


写真がなくても地下鉄に、撮影機がございます。5€でございます。


この窓口で頼んでみてください!いちいち買うのは面倒なの方も、これさえあれば気にせずらくらく移動できます。

ただし、スイカのようにチャージ料5€が必要なので、撮影代5€+22.8€+5€ つまり32.8€かかるから、よく計算てみてください。ただカルネを20枚買った価格とほぼ変わりません。一週間カードはかなりお安い設定です。

またパリに来るというステキな魔法付き!どちらにしてもパリに何度も訪れたい方は、カルネを買って帰る。これ、お守り的にいかがでしょうか。いっときパリを離れるので正味3日くらいしかパリをうろちょろしませんが、いちいち考えなくて済むのでNAVIGOをチョイスしましたよ。

ただパリは歩き回れる広さなので、バスや地下鉄は控えめにして、歩き回るのもおすすめです!

ということで眠らないパリの深夜よりお送りしました。

オヴァア!

mayu from iPhone

最新情報をチェックしよう!