フィレンツェでアグリツーリズモ!暮らすように過ごすトスカーナのすすめ

旅のよいところは、どんなにSNSが発達したからといって味わえない体感があるところ。
五感を刺激し、自分自身の枠を広げてくれる旅は、まさに生きている醍醐味を味あわせてくれる人生のエッセンス。
日本もこれから多くの訪日観光客を向かい入れ、日本の田舎への興味も年々と広がっています。

だからこそ今後の日本が世界に提供できるアグリツーリズモのヒントを知りたいと思い
今回はイタリアトスカーナ州のヴィラに宿泊することにしました。

豊かな自然とテラコッタカラーに包まれた街並み、オリーブの木のアーチとあぜ道、鳥の鳴き声。

フィレンツェの観光と、トスカーナの田舎の豊かな時間を過ごしたいなら、短い期間でも両方叶えられるアグリツーリズモ、ヴィライルパラディジーノをおすすめします。

何よりフレンドリーで明るくホスピタリティあふれるファミリーと、日本人にもたくさん来てほしいと話してくれるほどウェルカムの気持ち溢れているのです!




Sponsored link

1.交通が便利!フィレンツェから電車で13分



まずヴィラ イル パラディジーノがあるのは、セントフィオレンティーノ。フィレンツェマリオノッヴェッラ駅から各駅で4駅、又は快速で2駅10〜17分くらいでたどり着くほど近くです。フィレンツェの街並みの観光にも便利で、片道1.5ユーロとリーズナブルです。フィレンツェ空港から送迎車(有料)で10分ほどです。


電車はこのチケット売り場で英語で選べば大丈夫!

フィレンツェマリオノッヴェッラ駅から15分ほどで、すでに地元感。


当日は16時に最寄駅にドライバーが迎えにきてくれました!


最終日も駅まで送ってくださいました。

ヴィラから駅までは15分から20分くらい徒歩ではかかります。

こちらは駅から徒歩でヴィラへ戻る時の街の風景。

2.トスカーナの田舎の風景がヴィラ内に



映画トスカーナの休日のような広大な田舎田舎の風景を、はるか遠くまで見晴らせるわけではありませんが、敷地内5hrもあり世界が広がっています。


夕暮れどきは、天高くにツバメが飛び交い。デッキに座り刻々と変化する雲を眺めたり


散策すればアーティチョークや


ズッキーニに出会ったり、野菜や果物を50種類ほど栽培しており自由に使って良いようです。私たちはレモンを収穫し朝のサラダに使ったりしました。


庭にはプールもあるので夏の滞在では楽しめるかと。


チェリーがなっていました。つまみ食いもしちゃいます。


オリーブの木のあぜ道もヴィラ内の景色。朝の散策にもどうぞ。


こちらの奥にみえる建物がディナーをいただけるお屋敷


こちらが我々が泊まったヴィラ。

キッチン付きのヴィラだから滞在をさらに楽しめる



我々が宿泊したキッチン付きのヴィラ。どの部屋もキッチン付きのようです。床はテラコッタで天井が高いので本当にのびのびできますよー。


朝は天気が良ければテラス席を楽しめるし、旅先で野菜不足になりがちですが、歩いて7.8分のところにスーパーがあるので買い出しに行けます。地図もくれるので大丈夫!


昔ながらのトスカーナ地方のキッチン!


ワインと産みたての卵をプレゼントしてくれたので、卵は朝食にすることに。


到着した日、早速スーパーで買ってきたチェリーを洗って

日本から持ってきたルイボスティーでティータイム。庭に咲いた芍薬の花が飾られていました。ちょっとした心遣いがやはりうれしい。敷地内のあちこちに、芍薬やローズ。どちらも大好きな花です。


バスルームのカラーは薄いペールカラーのエメラルドグリーンと水色のタイルがキュート。こちらはとにかくタイルの色彩が可愛いです。女性ならうっとりとしてしまうバスタイムが過ごせます。


こちらは二階の屋根裏部屋の寝室。小窓から見える光と鳥のさえずりで目覚める朝は最高です。


シンプルな部屋ながらわたしはこのキングサイズベッド(ソファベッドの模様)が一番熟睡できました。


天蓋ベッドで夢の時間もどうぞ。


光が優しく入るカーテン。はぁーため息出ちゃいます!

キッチン付きなら旅の野菜不足も解消できる。



テラスもあるので、晴れた日はテラスでぜひ!テーブルクロスもあるので、気分に合わせられるのも嬉しい。


季節によっては採れたての野菜を使わせてもらえることも。アスパラガスの時期だったので穂先だけ売ってました!


初日買い出しした野菜と、いただいた卵。


グラスや皿はもちろん、調理道具一式、カトラリー、テーブルクロスまで用意されたいるので、毎日気分によって変えられます。


この日は前日の宿泊者参加のピザパーティの残りも食べました。


雨の日はテーブルをテラスに近づけて。


旅で不足しがちな野菜をたっぷりいただけます。


いただいたワインとバルサミコ酢で、チェリーとリンゴを煮て即席デザートを朝作ってみたり♫


イタリア野菜を調理する時間も楽しく、フィノッキオをじっくり煮てみたり♫

料理好きならぜひキッチン付きのヴィラをどうぞ。旅先の食材で料理をする時間は最高です!

ステキなホストが迎えてくれる



何よりこちらのヴィラの素晴らしいところはホストが明るくフレンドリーなところ!セレーナさん(左)とコスタンツァさん(右)です!1500年代から続く由緒あるファミリーです。

日本食が好きで、醤油とお味噌などをお土産に持って行きました!また味噌玉(みそぼぅる)をあげたら、セレーナさんはお湯を注いで飲むと喜んでくださいました✨味噌玉みそぼぅるとは?

トスカーナ料理のレッスンもされているので次回は参加してみたいと思います!

お土産に購入できるヴィラ内のオリーブオイル!



オプションのディナーでもいただいたオリーブオイルや、バルサミコ酢も購入できるので、お土産にぜひどうぞ^_^


カゴバッグにいれてオリーブオイルを持ってきてくれる姿も絵になっちゃいます。

キッチン付きのお部屋の宿泊



金額は2人でキッチン付きヴィラは、3泊600ユーロほどだったかと思います。(2017年秋に申し込み)キッチンなしはもう少しリーズナブル。3泊からの申し込みが基本です。

予約・申し込み方法



※猫のゾーベは人懐っこいです^_^

ヴィラへの申し込みはこちらのサイトからできます。

イタリアトスカーナアグリツーリズモ

ヴィラのフェイスブックはこちらvilla のフェイスブック

すでに先にご紹介したオプションディナーの様子はこちらからどうぞ。夕食などで他の宿泊者の方と出会う機会があるのも旅のいいところです!よりイタリア旅を楽しめます!

フィレンツェのアグリツーリズモ、ヴィラ イル パラディジーノのオプションディナー

イタリア旅の記事はこちら

フィレンツェでお土産!香水、食材店、お菓子の老舗

フィレンチェの絶景ポイントならココ!

ローマの路地裏で食べるジェラートとピザはココ

[voice icon=”http://ureshi-gohan.com/wp-content/uploads/2017/06/3-ureshi-2016.jpg” name=”Mayumi” type=”r”] 単純にホテルで泊まることでは味わえない、ゆったりとした穏やかな時間、目覚め、朝の散歩、、すべてが穏やかで幸福です。そして宿泊者とのコミュニケーション、ヴィラのオーナーとの会話、ふだんの旅以上に充実した時間が過ごせると思います。コニュニケーションは恐れずに
[/voice]
一度きりの人生。やってみたいいってみたいを、まずやってみよう!
世界が広がるはず。プロに頼めばイメージもきっと広がるはず!



ciao!

最新情報をチェックしよう!