ローマの路地裏で食べるジェラートとピザはココ

イタリア人ほど人生で食べる時間を楽しむ人たちはいないのではないでしょうか。

私にあるのはそんなイメージ。日本にきたら寿司ラーメン!のように、やはりイタリアならではのものを食べたいもの。

いくつかジェラートやさんもハシゴしたい!そんな気持ちでローマでは食を楽しみました。音楽に、建物に、絵画に彫刻に、食、本当にローマのすべてのものが私を否応に襲ってきます!

旅には人生を驚かせ、拡張するエッセンスが凝縮している。

使い古された言葉でしか表現できないのが歯がゆいですが地球人として生まれた以上体験こそが宝だと思っています。では早速行きます!


Sponsored link

高級食材店でパニーニなど軽食が食べられる


まずは路地裏情報の前にオススメ食材店!


ポポロ広場から、テベレ川を渡りバチカン美術館に行く途中にありるコラ・デイ・リエンツォ通りにある高級食材店costroniとそのお隣のお店は、簡単なデリやパニーニ、ジェラートなどが食べられます。


ひとまず私はスペインのスパイスのピメントンドゥルセを、イタリアで購入しょうと思っていてしっかりありました!サイズも金額も手頃です!


こちらはまるでパプリカの粉末なのですが燻製にしていてまるでかつお節のような風味があるのです♫こちらで色々試作するつもりです。

こちらにはスタンディングで軽食が食べられるますが、我々は座りたかったのでお隣のお店へ。


色々量り売りしてくれます。お菓子もあります。


私はパッとひかれたトマトをくりぬいた中にリゾットが入ったものをチョイス!4.9ユーロだったかな?

味は強過ぎずしっかり煮たトマトがジューシーで美味しく大満足!友人は多分、タラの塩漬けの入ったパニーニとサンドウィッチでした!うーん!いいね!

一つ目のジェラートやさんはFrigidarium



惹かれるままに歩き、本当は別のオススメジェラートやさんを目指している途中に、路地通りでみつけた惹かれたジェラートやさんがこちら!

自分にききました。目指す店にいく?それともココ?聞いたらココだというので、行列に並びました。旅では毎瞬の感覚を研ぎ澄ますよい練習になります。


すでに入る前から決めていたのは、疲れたカラダに欲しているレモン、そしてぱっと見で選んだピスタチオ!


諸々色々なサイズがありますが、我々はピッコロサイズ!2ユーロ!二味選んでも価格は一緒でした。さらにチョコレートをコーティングするのがこちらのトレンドの模様!


食べて正解!しっかり酸味が効いてリフレッシュレモン!クリーミーなピスタチオ!住所はこちら

Frigidarium,

Via del Governo Vecchio, 112, 00186 Roma RM

しかも、ナヴォーナ広場までの路地が最高


友人と「美味しすぎて、最高だー!」と叫びながら、食べ歩きしつつナヴォーナ広場へ。歩き疲れたカラダに染み渡るジェラートを食べながら噴水の水しぶきのマイナスイオンをあび、また音楽に酔いしれる。

あー本当にありがとうございますとまた呟く。味覚と聴覚、あー五感が喜びまくり私の細胞がぐんぐん幸せを吸収していく。

もうごくごく喉を鳴らすような勢いで街が私を喜ばせます!!

このあたりの路地はかなり素敵で、路地裏好きの私にはたまらない!


ついついとりたくなる。


こんな路地も


空とのコントラストも最高!

暮らす人働く人が絵になる全てが主人公の街


私が思うに、街がそうさせているのか何気ない人がとにかく絵になる。一日目のベスト人物賞は勝手にこちらのメンズです。


もうどんだけ絵になるのー!って感じ。


バーも、一枚絵のようです。自分の舞台の世界を作り込む。誰もが主人公。とはいえご本人たちは無意識でしょうが、素晴らしく映えています!


途中のブーケの色彩が、統一された街空間の色の中でぐっと引き立っていました。

卵のジェラートGelateria Fiocco Di Neve



こちらは事前にオススメしてもらった日本語だとひとひらの雪という名のGelateria Fiocco Di Neve

こちらは2日目に立ち寄りました。卵のジェラートが人気だそうなのですが、食後だったので味見だけさせてもらって、レモン&ミントにしました!


こちらも、どうぞ!2.5ユーロです!


Fiocco di neve,

51, Via del Pantheon, 00186 Roma RM

夜は庶民派ピッツァやさんpizzeria Da Baffetto!



ローマに住んでいた方のおすすめの庶民派ピザやさんへ行こう!ということでパンテオンを見た後に向かいました。なんか繁盛してるお店でテラスがいい雰囲気!と思ったら先ほど食べたジェラートやさんの隣か゛目指していたお土産でした!pizzeria Da Baffetto!


で、とにかく男たちはよくしゃべる。そんなに話すことよくあるよねー!と感心するほどずっと楽しそうにおしゃべりさしながらピザを焼く!釜では薪を使ってる模様です。

ひとまずガス入りアクアで喉を潤し、ミックスサラダを注文12ユーロ!


レタスにトマト、チーズや白いんげん、オリーブなどがら入っていてシンプルながらおいしい!


チーズやキノコをたっぷりのせ中央に卵をのせたメニューが、どうも一番人気のピザらしかったのですが、我々は生ハムとパルメザンチーズがのったシンプルなピッツァを注文!


無骨ですが見た目は地味ですが、トマトペーストを塗って焼いたピザ生地に、生ハム、チーズ、ルッコラのみでシンプルな美味しさ!ピザ生地が薄くぱりばり!くどくなく食べやすかった!


ちなみに食べ終わってでたのが8時。外には長蛇の列ができていました。我々スムーズに入れた!早めの入店が吉です。スタッフさんは少々雑な扱かも。笑

Pizzeria Da Baffetto,

Via del Governo Vecchio, Roma RM

テラス席が抜群!スタッフの感じも良いPoldo e Gianna



こちらはたまたま見つけた路地裏でしかも静けさと落ち着きのあるお店。ピンと直観が働き聞いてみると、テラス席は予約でいっぱいだったのですが、2時までならということでテラス席に運良く通していただきました!スタッフも感じがとてもよい!よい席に通してくださるなんてありがたい。


まずはサラダ、トマトの色が濃く美味しい!サラダもフレッシュです。


テラス席なので料理も映える。中でもおいしかったのがオススメの天ぷら!フリットとは表現しておらず、あえてtemupra。どうも米粉とガス入りの水を衣にしてるからサクサクで美味しいですよって言ってたと思います。


ナスとオクラ!さっくさくで油も軽く食べ終わってもすっきり!こちらのお店はベジタリアン、ヴィーガン対応もしてくださるよう。



少しだけ奥まっているのでとても静かで落ち着いています。


パスタはアマトリチャーナ。巨大なパスタとソースがどう絡むのかなあと思ったら塩加減もいい塩梅です。全部食べられず、少し残したら

「もういいの?おわり?」といわれ

「お腹いっぱいで。でもすごく美味しかったんですよ」

「わかってるよ。その気持ちはわかる。ローマのパスタはヘビーだからね」と返してくれました。

うーん、スタッフの方々がほんとに感じがいい。

笑顔のないお店もたまにある中で、とても気持ちよくいただくことができました。

週末などは予約がベストのよう^_^こちらはほんとにオススメです。

Poldo e Gianna,

Poldo e Gianna Osteria

エッジの効いたスタッフがいるティラミス専門店



街角にあらわれるティラミス専門店。Two Sizes


セサミベース、ピスタチオベース、ストロベリーなど色々!我々は一番小さいサイズで2種をテイクアウト!2.5ユーロ

これがピスタチオベース!


ホテルに戻ってからドルチェタイム!ピスタチオのティラミスめちゃうまー!


ですが気持ちいっぱい。お腹も満たされて完食する前にカラダがご馳走さまといったので終了!

こちらのお店、ティラミス専門店、可愛らしい店員さんがでてくると思いきやタトゥーのエッジの効いたメンズなところが、またよいですよ!


先程のピザッテリアの通り近く、ナヴォーナ広場近くにあります。

Two Sizes,

Via del Governo Vecchio, 88, 00186 Roma RM,

ということで足早でしたが、いかがでしたでしょうか。直観に従いながら選ぶ!食べる!喜ぶ!どのお店も友人調べ。でも全てがナイスチョイスすぎて、友人はわたしの最高のイタリアナビゲーターなのでした!

グラッチェ!ciao!

関連記事はこちら

アリタリア航空で五感震えるイタリア女子旅へ

TRAVEL ローマを散策!歩いて観て食べて過ごす!1日目朝

旅の好みはひとぞれぞれ!わたしはたくさん歩きたい派!
自分の好みを知ることは、自分自身を知ることに通じます。
あなたはどんな旅がお好みですか?

最新情報をチェックしよう!