絵画は全身で感じるもの。ローマ ボルゲーゼ美術館



事前に予約していたボルゲーゼ美術館へいざ!

ボルゲーゼ美術館は完全予約制、だからこそゆっくり感じながら鑑賞することができます。

ベルニーニの美しい作品をゆっくり味わい鑑賞するために。

まるで光が透けるような像を見るためにいざボルゲーゼ美術館へ




Sponsored link

ゆっくり鑑賞できるのは、完全予約制だから




ボルゲーゼ美術館は完全予約制。だからこそ人数制限を設けているから、ゆっくり鑑賞できます。ちなみにこちのオプショナルツアーが集まったサイト、ベルトラから予約ができます。ベルトラ

といっても手配はイタリア大好きイラストレーターの友人がしてくれて、聞いたことを書いてるだけです。グラッチェ!



柔らかな肌感がされ、ものすごい力強さ!!



昔は動画の世界がない訳ですからその一点に集約された世界。躍動感と力強さと柔らかさ!もう感嘆の息がもれてしまいます。


私が思うにこの像にはどの角度からもジグザグのZのラインが入っているのです。だから緊張感があり力強さと存在感が尋常ではなくこの空間で際立ってるのです。

力強さと繊細さ、存在感と動き、これらをもしも文字の世界で表したらどんな文章、どんな表現になるのだろうか、そんな夢想もしてしまいました。

緊張感、それはある意味ストレス。適度な緊張感があるからこそ、存在自体が際立つのだと私は思っています。



こちらもとにかく素晴らしかった!

こちらはアポロンとダフネ。



若さと躍動感を感じます。略奪されるのが嫌で女性が木になっちゃう瞬間を像にしたものだとか。角度によってはまるで石がすけているようにも思える。

私は芸術はあまり詳しくないですが、感じてみる時間は好きです。素晴らしい作品には、それを通して背景や思いさまざなものに想いを馳せることができるから。脳内が解き放たれ天高く広がっていくきっかけになるから。


そして大理石は、女性の裸像のためにあるのではないかと思うほどきめ細かく艶めいていました。



天井画もすばらしくクラクラしました。



借りられてきた想像力を削ぐような絵画の展示ではなく、建物全体と絵画や彫刻がを空間ごと観ることが鑑賞なのだなと、、、。いままでみてきた美術館はなんだったのかと思うほど!



ゆったり観れてちゃんと感じられておすすめです。9時に入り11時まで鑑賞できます。

イタリアでも柴犬が人気のようで、あと一匹出会いました^_^全くご主人さまのいうことを聞かない。そのさまもかわいい。



さらにカラフルなトカゲさんにも出会いました。昔は、庭にトカゲさんがいましたが、今はみることがありません。生態系がまだ崩れてないのかな?

そのままボルゲーゼ公園を散歩してバチカン市国へ




そのままボルゲーゼ公園を通り散策です。



そしてボサノバが聴こえてきます♫公園にあるのはいつだってくつろぎ、、、幸せな気分になります。


公園の中のレストランもいい感じ。そのまま西へバチカン博物館の方面に行く途中がナイスビューポイントのTerrazza del Pincio。ポポロ広場やバチカンなど街並がみえるパノラマビューポイント!


写真では伝わらない街並みのグラデーション!


ポポロ広場の向こうには、バチカンがみえます。ここではバイオリニンをひく女性。


こちらは双子教会と呼ばれるているのだそう!放射線に広がる通りがうつくしいこと!!


たまりません!


こちらではボブマーリーを歌うレゲエの方がいい歌声が響き、たくさんの人々を笑顔にしていました。

ということで午前中だけで、もう充実感いっぱいでした。

次は美味しいエトセトラをご紹介します!ciao!

芸術がほとばしるまち、ローマ!
いってみて感じることの素晴らしさ。どんな旅にしよう・・・そんなことを考え始めた時から旅はもう始まっています♫

最新情報をチェックしよう!