自分にも応用できる!繁盛店・流行っているお店の共通点はココだ!

仕事柄あちこちのお店を取材し深掘りするので、

普通食べたり買ったりするだけでは分からない繁盛店の秘密を聞く機会が多く

繁盛店には必ずといっていいほど同じ共通点があることが分かってきました!

少なくとも一般のお客様も、肌で、感覚で知らずにそこがよいお店だと受け取っているのだと思います。

では私が感じた繁盛店の共有点を紹介いたします!!




Sponsored link

【繁盛店の共通点・その1】スタッフの数が多く、しかも一人一人がイキイキしている。


まず驚くのは、どの店舗も坪数に対して人数が多い印象を受けます。
そして、きびきびと自分の仕事を全うし、動いている。
スタッフそれぞれが自分で考え動いているのです。

ぼーっと立っているなんてことはなく、持ち場を絶えず動き空気に動きを感じるのです!

何よりスタッフがイキイキしている!

働く女性
これがまず最初の共通点。

また面白いことに、スタッフがお店の雰囲気にもしっかりと合っている。
カフェはカフェっぽいスタッフ。
ラーメン屋さんは活気があり気持ちのいい男性スタッフ。
老舗のお菓子屋さんは、そこにぴったりのスタッフ。
不思議と体格の印象までどことなく共通点があるのです。

当たり前といえば当たり前ですが、店と人(スタッフ)がその空間を作り出しています!

【繁盛店の共通点・その2】 店内の気が行き届いている。


shop
店内の気が行き届いている、、、というと大げさですが掃除が行き届いています。

ぱっと入った時に明るく、淀みがないのが特徴。

埃っぽさなど言語道断。

流行っていないお店は、その埃っぽい淀んだ空気に慣れてしまっているため、その淀みに気がつくことができません。

お客様だってそれを無意識レベルで察知します。

トイレが汚いのなんても対象外すぎます。

「なんでうちは人が入らないんだろう・・・」

と嘆いている暇があるなら、しのごの言わず窓、壁、隙間、キッチン、ありとあらゆるところを磨きましょう!

暇なんだからできるはずです。

あるお店では床もテーブルも鏡のように光っており、
従業員、バイト関わらず朝の掃除に毎日2時間もかけているお店もありました。

もちろん店内の気が瑞々しいことこの上なく、その場にいるだけで元気をもらえるような場所
神社仏閣のような清らかな空間でした!
そちらは飲食店でしたが、料理に無駄な雑味が一切ないのです!

まさに内側から元気になる浄化されるような感覚がありました。

お客様に気持ちよく過ごしていただき元気になってほしい・・・そんな思いが根底にあるからでしょう。

【繁盛店の共通点・その3】 専門性があり、他ではやっていないことをこだわり抜いている。


店
まず専門性。カレーならカレー。カフェだからといってなんでもかんでもやらず、まずわかりやすく一つに特化している。
特化した後固定客が増えてからは、他の物販などには広げているものの、あくまでもその専門性にこだわり、少しずつ研究を重ねお客様を満足させる努力を怠っていない。

よいものを提供するために、日々改良を重ね自分たちがイエスと思うものを提供することを惜しんでいない。

素材を吟味し、研究を重ね続けています。

その結果、常にお客様が満足しリピーターとして増えていく。

【繁盛店の共通点・その4】 オーナーが誇りをもち楽しんでいる。そして人柄が明るく心配りが細やかである!


オーナー
スタッフが明るいのも、スタッフが自ら考える力があるのも、オーナーの手腕が大きい。

何よりどこの繁盛店へいっても明るく、気配りを怠らない。
決して押さえつけるのではなく、自主性を育てサービスにも、スタッフにも誇りをもっているのが共通点だ。

それが例え家族経営だったとしても息子夫婦が先代の女将を尊敬していたりと、
スタッフと社長との風通しがよいなど
人間関係が気持ち良くつながっているのが特徴。

こればかりは日々の経験がモノをいうかもしれないが、どの繁盛店をまわってもその特徴が目立ちます。

【まとめ】 繁盛店はお客様から見えないところまで心を尽くしている


普段オーナーさんや、社長さんのあり方などお客様からは直接みえないことが多いかもしれません。

ましてやお店のこだわりや素材の細かなこだわりまで通常だと聞くことはないかもしれません。

しかしやはり繁盛店は、話を伺えば伺うほど、お客様に正直な味や商品を提供することに努力を怠っていないのです。



お客様は美味しくていらしてる。好きだからいらしてる。ただそれだけの単純な理由でいらしてるかもしれません。

でも見えない部分には裏打ちされた根拠があるのです。


普通に暮らしている方にも活かせるヒントがあれば幸いです!

自分自身のライフスタイルにも、人から見えないところにこそ気を配っていきましょう!

そして、みんなで繁盛ライフを送りましょう!

ではアディオス!!

[voice icon=”http://ureshi-gohan.com/wp-content/uploads/2016/11/jigazou-03.jpg” name=”Mayumi” type=”r”] ここところ繁盛店の取材が続き、あまりにも同じ共通点があったので記事にかかずにはいられずまとめました。どのお店も細やかで、人が生き生きし、空間が生き生きし、商品が生き生きしていました。商いをしていない方も自分自身の気を整え、見えない部分を丁寧に扱うだだけで、外からの印象も変わるのかもしれません。人の感性はあなどれません!
[/voice]
bar
最新情報をチェックしよう!