ベルリンのおしゃれエリアPrenzlauer Allee駅周辺のアパルトメント

スポンサードリンク

旅先で暮らすような気分で過ごし、ホテルでは味わえない日常感を体験したい人は多いはず。

そんな素敵体験おすすめアパートと、その周辺エリアをご紹介いたします。

旅から日常へと少しだけ溶けこむとリラックスできおすすめです。

ベルリンのアパルトメントで、暮らすように過ごす


今回、当初4人で宿泊する予定だったので、広めのお部屋をとってくれたのですが、この広さ理想的。


窓辺から見えるソファからの景色も、


中庭の様子もよい感じ。


ちなみに表通りの建物をそのまま車で通り


見えてくるこちらのレンガの建物が、今回滞在アパルトメントホテル。階段で4階あたりまで、あがります。


中庭に車が停められるので安心です。


ベッドルームもよく眠れそう。IKEAのインテリアでまとめられてるみたい。


こちらもソファベッドとして活用できそう。リビングにもう一つキングベッドがあるのですが、寝る前に撮りわすれたのですが、もう一つあります。


こんなアート作品が、ベルリンっぽい。


照明もとってもきれい。夜は私たちはキャンドルを灯して過ごしました。


そして、幸せなのが白くて広いこのキッチン!


こんなキッチンほしいです。


ひと通り調理器具もあるので、簡単な料理ならこちらでも作れます。


なので幸せな朝食タイムも楽しめます。

下のフロアはヨガスタジオになっていました。長期滞在なら、ヨガもしたり、料理も作れたら最高かもしれません。

こちらの宿泊先予約サイトはこちら

ということで、初めてのベルリン。ドイツ語は全く分からなかったですが、人も親切で、きっちりしているところは、日本の気質に合い、生活しやすそうだなと思いました。

Megさんのベジフェスのファッションショーへの出演に便乗したこのベルリン弾丸ツアー。事前情報がない分まっさらな気持ちで街を感じられました。

ビーガンベジタリアン事情については、また別記事で^_^

旅の面白さは知らないものに出会えること。新しい発想や、新しい表現の自由を知ることが出来ること。ただただ感じる旅、行き当たりばっちりの旅、おすすめです。
体験したいポイントだけプロにサーポートしてもらえたら安心!




mayu from iPhone

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

小坪 真由美

このメディアの主催者で編集長。目黒区在住。フリーペーパーの編集をしながらフードスタイリストとして有名料理研究家のアシスタントや、DVDの料理のスタイリングなども手がける。特技は野菜だけで美味しい料理を作ること。ナチュラルな暮らしを追求しながら、女性がより豊かに生きるための活動と発信をしている。