アーユルヴェーダリトリートを受ける!スリランカの旅2018年

毎日マッサージを受けて、自分の体を癒しあげて過ごしたい!

10億あっても、私が今やりたいこと!それがアーユルヴェーダリトリートを受けることでした。

ということで、2017年末に代官山のカルナカララ・アーユルヴェーダサロンにて、トリートメントを受けたついでに我が野望を叶えるため申し込み、スピード決定で行ってきました!

そんなスリランカのアーユルヴェーダリトリートの旅(2018年1月)をレポートします。

現在、日本旅行者が増えているのが、台湾とスリランカだそうです。
(うれしごはん友人調べ)

何よりどちらも親日家ですし、人がよいのが共通点です。
(2017年は台湾にいってきましたベジタリアンな台湾女子旅!台北でお土産!雑貨とカフェが楽しい迪化街を歩く。

今回訪れたのは、スリランカの首都コロンボから車で30分の立地にある
「カルナカララ・アーユルヴェーダ・スパ&リゾート」です。

スリランカの中にはたくさんのアーユルヴェーダのおすすめ施設がある中で
なぜ、この施設にした理由を今回はあげてみたいと思います。

スポンサードリンク

カルナカララ・アーユルヴェーダ・スパ&リゾートを選んだ理由

外へのお散歩は、スタッフに声をかけて同行してもらいましょう。



その1・代官山に直営のサロンがあるから、心配ごとや確認ごとがあれば丁寧に対応してくれる。

カルナカララ

素敵な空間。差し込む光やインテリアが、アジアンテイストのヨーロッパのお部屋みたい


代官山のカルナカララはまるで現地スリランカの空気を纏ったようなサロンで、
私が初めて伺った時は、現地のドクターがいらっしゃり体質診断などをしてくれ、それに合わせ乱れた体を整えてもらいました。

左がアーユルヴェーダのドクター。自分の体質に合わせたトリートメントをしてくれるのが嬉しい


こちらで数回トリートメントを受けていたので、ツアーがあることは知っており、担当者T氏にご相談したら、諸々アドバイスをくださり、リトリート施設一つめはカルナカララに決定した次第です。

この奥がトリートのお部屋。


一度こちらのサロンで現地の雰囲気やどんなマッサージなのか受けてみるのもおすすめです。

カルナカララ代官山

奥には様々なオイルなどが・・・。少しミステリアスな魔法の部屋みたいです。


カルナカララ代官山

事前に、スリランカはビザを申請する必要がありますので、その場合はこちらのリンク先がおすすめです。

スリランカビザの取得方法を詳しく乗せてくれているサイトはこちら

スリランカビザの取得方法はこちら
30USドルです。

※ちなみに念のためスクリーンショットをスマホに保存して入国しましたが、すでに情報はいっているようで特に提示を求められることはありませんでした。

その2・成田から直行便で10時間の後、30分の移動で施設に到着できるのは体力的にも移動時間の無駄が省ける。

「意外とスリランカって遠いのね。」とフライト直前に知る。10時間のればパリにつく。ヨーロッパも夢ではありませんw


せっかくアーユルヴェーダリトリートを受けるなら、せめて1週間は滞在したいものです。
アーユルヴェーダリトリート施設の料理本を編集した担当者さんにもお話を伺ったことがあるのですが、
行くなら2週間はいったほうがいいと!そう聞いていました。
しかし、2週間の時間を確保しようとするとなかなか行くことができません。

カルナカララ

カルナカララ・アーユルヴェーダ・スパ&リゾート スパルームの入り口


なので、まずはショートトリップでも行ってよかったら、また行けばいい!そういう気持ちで今回の旅を決行。
短期(今回は3泊5日のショートトリップ)滞在のため、コロンボ空港から、3時間かかる山の方にある施設だと、朝の直行便でいっても夜到着して、そこから3時間となると到着は深夜。
それを考えると到着してから夕食も食べる余裕があるリトリート施設の方が今回は気持ちも体も余裕があると判断しました。

ずばり短くても行って正解でした。欲をいえばあと1日伸ばせばよかったと思いました。
(場数優先で、あまり細かく調べずにいったもので・・・)

その3・トリートメント時間が長い

こちらは代官山のトリートメントルームです。すてきでしょ。


他の施設に比べて、マッサージが30分長く、午前と午後に分けて各90分受けられる!これはうれしい!
人生毎日のようにトリートメントを受けて過ごしたいという妄想にかられる私にとって、毎日午前と午後とトリートメントが受けられるだけでも、至福なのですが、そのマッサージ時間が他の施設よりも長いときました。
この30分の誘惑は大きいです。

トリートメント(マッサージ)を受けるプロ(と、とあるサロンオーナーの師匠に)言われている私。やはりお客目線としては60分では足りない、あともう少し。でも1度に120分だとあまり上手じゃない人だと逆に疲れたりする・・・なので90分っていい時間なのです。笑

その4・他のツアーよりもお手頃だった。(別の施設と数万円の差がありました)

施設内は蛇行した道で、コテージとコテージ、レストランなどがつながっています。急がずゆったりと^^


これだけ今の自分に選択に嬉しいポイントがあったのに、さらに金額が純粋にお手頃だった。これでこの施設に決めない理由がありませんでした。

ということで、カルナカララを選びました!
では次回から、食、ドクターの問診、市場見学、シェフのキッチン見学、マッサージ、
いってよかったこと、少し残念だったことなどもレポートしていきたいと思います!


たまたまご縁のある編集プロダクションさんで、地球の歩き方スリランカをつくっているそうで、
こちらをいただいて、機内でお勉強しました^^地球の歩き方は鉄板ですね。

アーユルヴェーダ関連記事はこちら
私がアーユルヴェーダについてもっと知りたくなったのはこちらの女優高瀬媛子さんのDVD制作に携わらせていただいたおかげです。
自分の最上級になる方法。高瀬媛子「お家で出来るはじめてのアーユルヴェーダ」DVDリリース

アーユルヴェーダではないですが、わたしはもっぱら髪のトリートはハーブパックです!
デトックス&トリートメント効果もある!インドの自然派ハーブパック、ヘナケアのすすめ



ではアディオス!
Mayumi
1年ほど前からスリランカのアーユルヴェーダリトリートにずっと行きたいなと思っていました。その思いが年末にふつふつと膨らみ始め、友人も1月の後半なら一緒にいけるということだったので、即行動でいってきました。
本当にいってよかったです。マッサージを受けつつ、お互い今後の未来像を語ったり、よりヴィジョンを広げる旅となりました♪
自分の衝動に素直になる。これって、本当に大事だなと思いました。
スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

小坪 真由美

このメディアの主催者で編集長。目黒区在住。フリーペーパーの編集をしながらフードスタイリストとして有名料理研究家のアシスタントや、DVDの料理のスタイリングなども手がける。特技は野菜だけで美味しい料理を作ること。ナチュラルな暮らしを追求しながら、女性がより豊かに生きるための活動と発信をしている。