アーユルヴェーダリトリートの旅 オイルマッサージ

2018年1月、スリランカのアーユルヴェーダリトリート施設「カルナカララ・アーユルヴェーダ・スパ&リゾート」に滞在した私。今回はオイルマッサージについて触れようと思います。
アーユルヴェーダリトリートを受ける!スリランカの旅2018年

アーユルヴェーダリトリートの旅!スリランカの朝時間

アーユルヴェーダリトリートの旅!ドクターの問診

ドクターの問診をすませたら、ドクターが組んでくださったスケジュールに合わせ早速オイルマッサージを受けます。
こちらの施設では、午前と午後各90分のマッサージが受けられます(最高!!!!!)。
私は最短スケジュールの3泊5日。そのスケジュールと受けたマッサージについてレポートいたします。


Sponsored link

アーユルヴェーダリトリート3泊5日の旅でも意外に満足できた!!

ずーっと眺めていたくなる朝食タイム

到着した翌日の朝食タイム、私はつぶやきました。

「ああ、3泊5日なんで短すぎる。もっと長くいたい。2週間いたい。せめて1日伸ばした日程にすればよかった!」猛烈に思いました。この時ばかりはもう少し滞在シュミレーションをしてから日程を決めればよかったと思いました。

とはいえ、終わってみると3泊5日でも充分に充足感を味わえた旅でした!

3泊3日のスケジュールはこんな感じ!

1日目 夜チェックイン 夜食事
2日目 朝食 ドクターの問診  ①午前リトリート 昼食 ②午後リトリート
3日目 朝ドクターの問診  ③午前リトリート 昼食 ④午後リトリート
4日目 朝ドクターの問診 ⑤午前リトリート  ドクターの最終チェック 昼食 午後 チェックアウト

なぜこんなにも満足度が上がったのかと思うと、3泊5日で5回のリトリートと最終日もしっかりマッサージを受け、昼食をとってからチェックアウトできたという余裕感がポイントだった気がします。なにせわたくし、最終日昼食後に、ほんの一瞬ですがプールで泳ぎましたから!笑

では早速私が受けたリトリートについてご紹介していきます。

シロダーラを含むオイルトリートメントで用意しておくといいもの

額にオイルをたらすシロダーラに使われる壺

結論から先にお伝えすると、
その1:脱ぎ着しやすくオイルが多少ついても大丈夫な服を持っていくか、初日にパレオを借りるとよいでしょう。

その2:使い捨てしてもよい下着(もしくは旅行用の使い捨ての下着)を用意しておくといいでしょう

アーユルヴェーダのオイルマッサージをすると、体や頭がオイルでベタベタになります。けれどもそのオイルが体に浸透していくので、ある程度体や髪の毛にオイルは残っていたほうがよいので、そこはアーユルヴェーダリトリートを受けるという時点でオイリーになるのはあきらめましょう。

しかしオイルでベタついていても大丈夫なのが、滞在型のいいところです。
旅行中のアーユルヴェーダ体験だけだと、オイリーなまま次の観光地などへ行かなくてはいけないことがありますが、滞在しているので借りたパレオで自分のコテージに戻れるので洋服もベタベタになることはありません。
ましてやその専用の施設なわけですから、オイリーも当然なので人目を気にする必要もありません。

ちなみにこちらの希望を伝えてくれると貸してくださるのはこんなパレオです。

パレオ着たかった

しかし残念なことに私たちが、パレオを貸してくれるという情報を聞いたのは滞在3日目・・・すでに時遅しなので残念ながらパレオは着れませんでしたが、事前情報を知った上で訪れたので特にストレスはありませんでした。

ということで、滞在では脱ぎ着しやすくオイルが多少ついても大丈夫な服を持っていくか、初日にパレオを借りたい旨を伝えてみてください。

そして先ほどお伝えした通り、もう一つ必須なのは

さよならしてもいい下着を用意(もしくは旅行用の使い捨ての下着)を持って行くことです。
[amazonjs asin=”B01LMVH3LO” locale=”JP” title=”使い捨て 布ショーツ 10枚入り 紺 個包装( エステサロン スパ ホットヨガ 旅行 入院 災害時 に )”]
[amazonjs asin=”B071GKLZ4T” locale=”JP” title=”ペーパーブラ 紐タイプ ( フリーサイズ ) 50枚 全3色 ブラック ペーパーブラジャー 紙ブラ 使い捨てブラジャー 使い捨てブラ 使い捨て下着 紙ブラジャー 使い捨て ブラジャー 下着 エステ 旅行 入院 介護 防災グッズ 業務用 “]
マッサージする時に使い捨ての下着に着替えますが、終わった後に身につける下着もオイリーになるので使い捨てか、捨ててもいい下着を持っていけば躊躇なく着替えられます

ちなみに私、日本でオイルマッサージを受ける時も上記の使い捨てブラを使ったことがなくて、マッサージ前に渡された使い捨てブラが、なんだか分からなくて、ヘアバンド??と思い本気で頭に被って待機してしまいました。

使い捨てパンツを履き、頭に使い捨てブラを被っている困惑気味のわたし。

もちろんスタッフに大笑いされましたが、ちゃんとその後正しい位置につけました!

ドクターが組んでくれたマッサージを数日間受ける

川のせせらぎを聴きながら受けます。

ということでやっと施術内容ですが、リトリートの一番最初に受けたのがシロダーラでした。
私は、とにかく興奮気味で眠りが浅い状態だったので、頭のリラックスが必要という判断だったのではないかと思います。
シロダーラは、第3の目の部分に、温かいオイルをずっと当て続けるリトリートなのですが、気持ち悪くなる方もいらしたり、シロダーラを受けると、面白い体験をする方も多いとスタッフの方がおっしゃっていました。

私は日本を発ってから興奮状態でそのままスリランカ入りしたので、頭の中がもうサーカス状態。シロダーラを受けても、すぐにはリラックスはできなかったのですが、温かいオイルが額にあたり続けていくことで少しずつ解放されていくような感覚。
サレンダー(降伏)な気持ちで受けるとよいと思います。

最終的に、私は額にあたったオイルが髪の毛をつたっていくとともに、頭の中に溜まっていた思考のかけら(たくさんの文字)が、抜けたような感じになりました。

イメージは、エジプト文字のかけらが、オイルを伝って髪を通って出ていく感じ。

絵にするとこんなイメージ

シロダーラをしたあとは、カパ(水の気)が増える?ので、その後2時間以内はお昼寝や、プールはしてはいけないと指示をいただきました。
オイルがじっくり浸透することも大事なので、髪をタオルでターバンのように巻いた状態でそのままランチもいただきました!

スチームバスで汗をしっかりだす!


1日目午後のリトリートは、全身のオイルマッサージでした。脂肪燃焼を促す薬効のあるハーブが入ったオイルでマッサージした後に、スチームバスです!今回写真はないのですが、ベースの骨組みが木でできた大きなスチームバスマシーンの中には上記の葉っぱが敷き詰められていました。

この葉がまた、ダイエットにいいらしいです!
スチームバスでしっかり汗を出して終了!すっきりです!

2日目もヘッドマッサージを受けたり、とにかく私は脂肪の燃焼によいオイルを使ってくださっていたかと思います。

最終日は、オイルを使わないマッサージの後、同じ葉の入ったハーバルバスで体をあたためました。

部屋にバスタブはないので、久しぶりの湯船🎶薬効のある葉っぱと一緒に入浴

何人かスタッフのみなさまがいましたが、一番上手だなと感じたのは彼女でした!

ニシャーニさん

アーユルヴェーダのオイルと、自然の中で受けるマッサージはやはり心身ともにリラックスできました。
(ただし近くに結婚式場があり、そこから流れるスリランカの陽気な音楽が流れてくることがあるので、そのカオスな音楽も含めて楽しみ身をまかせて受けるのをおすすめします)

カルナカララ
スパの入り口

マッサージが終わったらこちらでお茶を飲みながらしばし、自然の移ろいを楽しみながらぼーっとします。

マッサージ後、静かな世界に浸れるのがまた幸せ

毎回終わるとこのハーブティーを出してくれました。スーパーでもあったので購入して帰りました。

サマハンもおすすめ。
[amazonjs asin=”B012F21G3U” locale=”JP” title=”サマハン(3箱セット)”]
ということで、足早でしたがアーユルヴェーダマッサージについてのレポートでした!
オイルマッサージは、オイルそのものの力も加わるものです。滞在している人の話を聞いたところ、人によってはとにかく眠くてマッサージと食事以外はほぼ寝続けていたという方もいらっしゃいましたし、それぞれ反応も違うかと思います。
ドクターに相談しながら、ぜひ快適なリトリート時間を過ごしてもらいたいなと思います!

ではアディオス!

私は、こちらのサロンでツアーを申し込みましたよ!
カルナカララ代官山
カルナカララ・アーユルヴェーダ・スパ&リゾート
カルナカララ・アーユルヴェーダ・スパ&リゾート

関連記事はこちら
アーユルヴェーダリトリートを受ける!スリランカの旅2018年

アーユルヴェーダリトリートの旅!スリランカの朝時間

アーユルヴェーダリトリートの旅!ドクターの問診

[voice icon=”http://ureshi-gohan.com/wp-content/uploads/2017/06/3-ureshi-2016.jpg” name=”Mayumi” type=”r”] あのまま2週間リトリートを受けていたらどのくらい、脳がふやけていい感じになってたんだろうと思います。がんばることが悪いことではないけれど、しっかりゆるめることができてこそ大事なところで力を発揮できるのではないかと思います。
まずはアーユルヴェーダリトリートでゆるんでみるのはいかがでしょうか
[/voice]
旅の目的はひとそれぞれ、癒し?リフレッシュ?新しい自分に出会う?前からいきたいと思っていたところには、きっと心の鍵をひらいてくれるヒントがあるはず!!
あなたはどこへ行きたいですか?相談は無料だそう。

リトリート マッサージ
最新情報をチェックしよう!