トレンドを押さえたメニューに感動!青山ELLE cafeのレストラン

2016年秋に、青山ELLE cafeがオープン!
六本木と渋谷ヒカリエに続く店舗とのことですが、やはり246沿いにあるフラッグシップ青山店。
通りからもよく目立ち、歩いていて気になっていた方も多いのではないでしょうか。

1Fはグルテンフリーのデリや、ヴィーガンスイーツなど忙しくても健康と美容に気をつけたい女性にとっては気になりすぎるラインナップのようです。
今回は2Fにあるマドンナやオバマ大統領にも愛されるセレブリティシェフ メリッサ・キングらが手がけるフレンチカリフォルニアキュイジーヌを楽しめるということで早速行ってきました!



Sponsored link

エルの独自の規定で選ばれたストーリーのある食材で作られたメニュー


メニューは2800円のコースと、4800円のコース(スイーツとドリンク付き)、ほか食事に合わせたワイン3種も提供していただけるようです。ワインがお好きな方にはよいですね!

私たちはこの後移動してお茶する予定があったので、2800円のコースを選びました。
もしもデザートとお茶も頼むなら別で注文するよりも4800円のコースを選んだ方がお得のようでした!

ドリンク
まずは、コールドプレスジュースを・・甘味もあるので飲みやすい!

契約農家から届く新鮮なケールなどが入ったコールドプレスジュースは、くせを感じさせずとっても飲みやすい!食前にいただくことで、気持ちよく食事をスタートできます!

コールドプレスジュースとは

コールド(=低温)でプレス(=圧搾)したジュースとは、野菜や果物をゆっくり「プレス(圧搾)」して、素材が持つ水分を搾り出して作るジュースのこと。
プレスするので野菜や果物に熱が加わらず素材を熱や空気にさらすことが無いため、栄養の劣化が遅く、酵素も壊れにくいというメリットがあります。 保存料などの添加物はもちろん余計な水分も一切加えません
繊維を取り除いた果汁のみで、素材の水分だけを採取することになります。食物繊維は取り除かれている分、胃腸への負担が少なく消化へのエネルギーを抑えることができるので、デトックスに向いているのだといわれています。

アミューズの完成度が素晴らしい!目で楽しめ、一品一品が繊細で雑味のない味!


次にいただいたのはアミューズの4種!

前菜 エルカフェ
ターメリックで色をつけたカリフラワーのピクルスの繊細な味!ビーツのマリネ!!

(左上)
タメーリックカリフラワーピクルスが、まあ美味しいこと!友人も大絶賛!酸味が強すぎず、それでいて細かな部分までしっかり味がしみていて、カリフラワーのポテンシャルをあげる一品!

(左下)
こちらはビーツのスロー。ビーツは造血効果のあると言われている食材。ボルシチの色はこのビーツの色です。鮮やかな色彩のビーツと、甘みと酸味のある柑橘がよくマッチしていてこちらも美味しかった。

(右下)
デビルエッグ。私はアレルギー検査で卵の数値に反応があったため、普段自宅で卵を食べることはあまりありません。たまに食べる分にはよしとしています。こちらもバゲットと一緒にいただきました!

(右上)
ピンクフムスと冬野菜のクロスティーニ。まずビジュアル。普通はここで生ハムなどのお肉がアミューズに入るところでしょう。そこにビーツで色をつけたフムスがあることで、お肉的なものがお皿にのっていると目が錯覚をおこすのですよね・・・

そしてみてください。この美しい飾り付け!

アミューズ
フムスのピンクが食欲をそそらせます!そしてビジュアルの可愛さ!いい勉強になりました!

フムスの部分が、通常よりもオイルをしっかり使っている印象。だからこそとても満足感のある一品でした!

フムスとは


フムスとは、ヒヨコ豆(ガルバンゾ)を潰して、練りごま、ニンニク、オリーブオイル、レモン汁、塩などを加えペースト状にした料理のことで、植物性でありながら高栄養価であることから、世界のヘルシー志向の人々やベジタリアンたちが取り入れている料理です。
もともとは中東の料理なので、ピタパン(薄いパン)に付けて食べるのが一般的でしたが、現在では、クラッカーに付けたりサンドイッチや野菜のディップなどにも用いられるなど、食べ方の幅も広がっているいる注目のレシピ

[amazonjs asin=”B005PTR13A” locale=”JP” title=”ガルバンゾー 200g”]


ケールの常識がぶっ飛ぶ美味しさ! チーズの旨味と塩味が絶妙にマッチ


そして次に出たのがオーガニックケール、松の実、カレンツ、クランブル、バルメザンチーズ、レモンヴィネグレットの前菜!

ケールのサラダ
ヴィーガン使用ではありませんが、パルメザンチーズがとてもいい仕事をしてました!

美しーー!食べられる花エディブルフラワーがどのお皿でもいい仕事してます!

何よりも柔らかい葉の部分だけを使ったケールのサラダだったので、固いということもなく
さらにケールの味の強さをパルメザンチーズの旨味と塩味が上手にまとめていました!
トスティングがしっかりされた葉物の野菜ってそれだけで美味しいのですが、きめ細かな仕事ぶりを感じさせるシンプルかつ丁寧な一品でした!


 

メインはお魚かお肉。添えられたお野菜も味が濃く満足感が高い一品


私はメインはサーモンを選びました。

ビジュアルがまるで、サンリオのキャラのKIRIMIちゃんばりのフォルム!
KIRIMIちゃんってこのこと

サーモンって立てるんだ!!笑といった盛り付けです!

[amazonjs asin=”B00ME5SHOK” locale=”JP” title=”KIRIMIちゃん. プチマスコットストラップ きりみちゃん”]
メインディッシュ サーモン
こんなに輪郭のはっきりしたサーモン初めてです!

きゅうりも一度プレスされていて、しっとり。ギリシャヨーグルトとの相性も抜群でした!

友人が選んだお肉に添えられた人参が、まあ味が濃いこと!まるでお芋のような甘みもある美味しい人参でした!

「昔の人参の味がする!」と友人は感動。

メインディッシュ お肉
紫の人参はしっかりローストされ、赤い人参は生のスライスと、リズムのよい野菜アレンジ

ということで、とても満足感の高い食事でした。

前菜やアミューズの一品一品が記憶に残るというのは、素晴らしいこと。

そして何よりELLEcafe は時代のニーズをつかんでいるだけでなく、まずスタッフの皆様がにこやかでスマートでした!

これが私にとってはかなり大切。

そして心地よい空間であること。さらには、使用されているお皿のセンスがとてもよく、私好みのものばかりであったこと。

気持ちの良い友人と食事をしたことも要因にありますが、また友人と行きたいと思いましたし、ぜひ殿方にも連れて行ってもらいたいレストランでした!


どんなに美味しい料理がでてきてもスタッフの印象が雑だったりするだけで、美味しさは半減するもの。

食事って、気でできているもの。だからこそ、気が行き届く料理をいただくと元気になるし美しくなります!

ゆったりゆっくり大好きなひとと、お食事するのにおすすめレストランです。

エルカフェ
壁の色もわたし好みです!画像が不鮮明ですみません。


ELLE cafe AOYAMA CAFE RESTAURANT

住所:東京都渋谷区神宮前5-51-8 1F・2F
電話:2F03-6451-1996
1F DELI03-6451-1997
営業時間:HEALTHY DELI 8:00~21:00
CAFE BREAKFAST 8:00-11:00(10:45L.O.)
LUNCH 11:00-17:00 (16:45L.O.)
DINNER TIME 17:00-23:00(22:00L.O.)
RESTAURANT 11:00~15:00(14:00L.O.)
※2Fレストランのディナー営業は紹介制

平均予算:昼:3,000円〜6,000円、夜:15,000円〜20,000円
アクセス:東京メトロ表参道駅から徒歩7分、JRほか渋谷駅から徒歩15分
駐車場:なし
HP:https://ellecafe.jp/




[voice icon=”http://ureshi-gohan.com/wp-content/uploads/2016/11/jigazou-03.jpg” name=”Mayumi” type=”r”] 雑誌エルアターブルが若いときから大好きだった私にとっては、空間のセンスやセレクトも大満足。さらには食トレンドをキャッチしながら発信するこちらのお店が大好きになりました!次回はヴィーガン使用のスイーツなどもレポートしたいと思います。
[/voice]
[amazonjs asin=”B01MRKNIPV” locale=”JP” title=”Elle a table (エル・ア・ターブル) 2017年 01月号”]
追記:2018年4月
るるぶ.moreのエルカフェ記事担当しました!

ELLEcafe
最新情報をチェックしよう!