山梨県身延町下部の曙大豆味噌づくり体験レポート

味噌作りって簡単なの?難しいの?
味噌造りの工程は簡単ですが、自宅で仕込むと圧力鍋が大豆を煮ると泡だらけになるし、少々気合いが必要なのです!笑。
そんな心配がある方、初めての方にも安心なのは味噌作り体験へ参加すること。

私は今回下部の味噌造り体験は3回目。
2018年年明け早々、山梨県の下部で参加した曙大豆の味噌仕込み体験をレポートします!

スポンサードリンク


山梨県身延町、下部の寒仕込み味噌メリットと特徴


今回私が参加した下部の寒仕込み味噌はこんな理由からです。

●貴重な曙大豆で味噌が仕込める。
●麹は米麹と麦麹を使う美味しいとこどりの合わせ技で作る。
●道具も全部用意してくれてる。
●蔵に味噌を寝かせてくれて、出来上がりまで管理してくれるから安心。
●蔵出し時期にイベントに合わせて取りにいってもいいし、行けない場合は着払いで送ってくれる。
●午前の部はほうとうランチ付き、午後はお茶菓子タイムがある。


ということで、帰省ついでに今年は久しぶりに現地へ仕込みへ!

私の実家がある山梨県甲斐市から、道の駅しもべまで約50分のドライブ。夜とても冷え込んだので9時過ぎで、道路の気温表示は0度でした!
久しぶりに運転すると気持ちがよかった!

こちらが会場となる道の駅しもべ。

道の駅しもべ


久しぶりに来ましたせいか、遠く感じましたが楽しいドライブでした!

受付と着替えをすませスタート!

まずは受付を済ませ、味噌造りルックに着替えます!

髪の毛も三角筋をします!


曙大豆は、一部の地域しかとれない大粒でとても甘い大豆なんです。茹で時間も一時間半ほど煮るそう!

曙大豆は、大粒で甘くておいしいです。

スタッフのみなさまが、前日から浸水した曙大豆を、茹で上げてくださってます!
(これが助かる。)

身延観光センターの若林さんから、挨拶と説明

みなさん初めての方やリピーターの方、家族連れなど様々です!


みんなユニフォームに着替えるので、味噌屋さんみたいです。

早速味噌づくりスタート・味噌の作り方


早速スタート!

スタッフのみなさまが茹でてくださっているのですこからスタートです!


茹で上がった大豆を、ミンチにかけ

みなで仰いで温度を下げていきます。

みんなで一気にひと肌まで冷まします!

麹菌が熱で死んで適温になるまで温度を下げていきます。

冷めたら大きなボールにわけてきます。


冷めたら、ひと樽2キロ分の大豆にわけ

塩と麹をいれます!
山梨県では、米の麹と麦の麹を使うんです。
合わせ味噌が、甲州味噌なんです。

米麹と麦麹の美味しさいいとこどり!


これをまずしっかり合わせていきます。

途中味噌造り熟練の先生が確認しにきてくださいます。

ここからしっかり、こねて混ぜ合わせます。
ここでしっかり麹と大豆をしっかりまぜて白っぽくなるまで、かなり混ぜ合わせます!
ここが意外に自宅でやると甘くなる工程です。

自宅で仕込むときは、厚い漬け物用のビニールにいれて、足で踏んだりするんですが、今回久しぶりに受けて、もみこみが甘かったなぁと反省。

しっかり白っぽくなるまで練りこんだら(イメージはシーチキンマヨみたいになる)空気を抜きながらだんごを作る

かなりしっかり混ぜ合わせてからだんご作りです!



だんごを作ったら、綺麗にアルコール消毒した樽(これもスタッフさんがアルコール消毒して渡してくれる。こういう細々したことを自宅だと全部やらなくちゃいけないから、ありがたい)に叩きつける!!

空気がぬけるように叩きつけます!みなここでストレス発散


叩きつけて空気をぬき、平らにならしながらすすめます。家族連れも多くみんなで和気あいあいとだんごを作って、投げつけてました!笑

空気をぬいてびっちり整えました。


きれに表面を平らににしたら、そこへ味噌を塗るそう!カビを防ぐ効果が昨年やってみたら高かったそうで、塩ではなく味噌を塗るようになったんですって!

きれいにぬりました!完成!


平らに塗りつけて、アルコールでまわりを綺麗に拭いてサランラップをし、あとは蓋をして完了!
過保護な冷蔵庫発酵と、大正時代につくられた蔵発酵、どちらか選べます。わたしはもちろん蔵でお願いしました^_^

作業後の手作りほうとうランチがお楽しみ!


あとは、作業後のお楽しみ、ほうとうランチです!

なんだか安心する味です!さしみこんにゃくが美味しい。

手造りさしみこんにゃくに、りんごとゆずの和えもの、漬け物、曙大豆の煮豆も♡

あー、お膳立てしてくれるのってなんて楽なんでしょう!みなさまありがとうー!

ちなみに寒い時期に仕込むことで、作業時の菌の繁殖を防ぐことができるのと、寒い時期から夏の暑い時期までにぐっと発酵か高まり、それが落ち着いた秋に蔵出しするので味噌が美味しくなるのです。

ということであとは秋まで味噌ができるのを待つばかりです!

東京から参加したい場合はどうするの?


身延観光センターに相談したところ、東京からだと新宿駅から身延行きのバスに乗るとよいとのこと。
グループだったら、最寄のバス停に迎えにきてくれるそうです!
来年はぜひ身延町下部で下部寒仕込み味噌造り体験はいかがでしょうか?

身延観光センターのフェイスブックはこちら。
下部寒仕込み味噌造り体験 @shimobemiso

下部温泉のおすすめ源泉掛け流し温泉「不二ホテル」


下部は、武田信玄が傷を癒した温泉などもある下部温泉があります。なので、仕込んだあとは温泉に入って帰るのがオススメ。
もれなく私も帰りに立ち寄りました!

不二ホテルの源泉かけ流し温泉不二ホテルのHPはこちら

ではアディオス!

手作り味噌で作った味噌玉は最高ですよ!
こんなに簡単!味噌玉で健康美人に!おすすめ具材とレシピ2

Mayumi
味噌は菌の繁殖の少ない寒い時期に仕込むのが一番美味しいそうです。そして夏を超えて秋になったら出来上がり。仕込んであとは菌にお任せ。季節の仕込みは日本の食文化の楽しみを感じます!みなさまもチャンスがあればぜひ体験してみてください。



スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

小坪 真由美

このメディアの主催者で編集長。目黒区在住。フリーペーパーの編集をしながらフードスタイリストとして有名料理研究家のアシスタントや、DVDの料理のスタイリングなども手がける。特技は野菜だけで美味しい料理を作ること。ナチュラルな暮らしを追求しながら、女性がより豊かに生きるための活動と発信をしている。