宮尾俊太郎さんトークショー!身体の使い方&在り方@恵比寿文化祭2019

ART

ご訪問初めてましての方へ

ウェブサイトADiOSを運営する小坪真由美についてはこちら

【現在提供中のサービス・オンラインライティング講座とコンサルについて】10/4更新

– – – – – – – – – – – – –

さきほど余裕かまして、恵比寿ガーデンプレイス向かってまーす!人生の目的は喜び!大いなる無駄を楽しむ実験

なんて記事書いたのに、中央道が渋滞で激混み!

18時20分からなのに、1時間20分遅れで新宿に着いたのは18時55分!終了予定時間は19時10分なのに。

5分でもいい!わたしは忍者のごとく、ガーデンプレイスに急いで向かった!




Sponsored link

宮尾俊太郎さんトークショー@恵比寿文化祭



な、な、なんとか間に合った!ふぅ。

宮尾俊太郎さん。ご存知ない方にもあらためてご紹介すると、


熊川哲也さんのkバレエカンパニーの常任振付、プリンシパル、そして俳優でもあり、ミュージカルにも出演されているアーティスト。

今年宮尾さんのことを改めてキャッチしてから目が離せません。

そして、本日10月5日恵比寿ガーデンプレイスにて、トークショーがあるということでいってきましたが、最後の15分だけお目にかかれてよかった!


前半はお話を伺えないなかったけれど、ちょうど身体の使い方についての内容。

宮尾さん自身が身体の動きで意識的に気をつけていること


1.まず頭蓋骨後ろ首の根元を緩め、解放し、リラックスすること。まるで首の後ろが解放されて、スペースが広がっているかのような脱力感。首の後ろを常にゆるめることが大切とのこと。


2.次に、胸および肋(あばら)の骨が、1でゆるめ力の抜けた頭蓋骨がただぶら下がっているかのように、すると胸から下が、自由にしなるようなイメージで身体を動かせるようになる。

その状態でいると、顎が自然に下がる。

3.そして最後に尾てい骨の前あたりに重心を意識する。

それだけで重心がぶれず、可動域もひろがり、美しくかつ歩いても疲れないのだとか。

はい!すぐ実践します!

肉体と精神は密につながっているので、先に身体を鍛えることで心も安定し、心穏やかに、受け流せたりするようになるのでぜひ首の力を抜いて生きてみてください✨とおっしゃっていました。

はーい♡

マダムバタフライの新たな側面!気づき



こちらの左側のMCの矢野デイビットさんが、マダムバタフライの感想を話されていたのですが、初日に観てその夜、この文化祭の打ち合わせが宮尾さんとあったそうで感想をお話したそうですが、彼なりの視点が新鮮でした。

マダムバタフライといえば悲しいオペラのお話です。

最後は、マダムバタフライが、我が子をピンカートンと本妻ケイトに託したのち、自分の愛を守り通し自害するわけですが、このMCの方は下記のようにに捉えたそうです。

アメリカ人のピンカートンと、日本人であるマダムバタフライの間に、命が生まれた。

命が生まれたことこそ、愛があった証拠。文化や環境を超えてつながったからこそ、生まれた命。愛の絆がそこにあると感じたとMCの矢野デイビットさんがおっしゃっていました。彼は名前から察するにハーフでいらっしゃるのかな、だからこその新しい視点でした。

私はマダムバタフライの子を手放す悲しさのほうに意識がいっていたので、なるほどと。

わたしは宮尾さん演じるピンカートンと、中村祥子さん演じるマダムバタフライが愛し合うシーンがあって、その踊りが本当に愛しさに満ち溢れて美しく夢のようだったので、そこに愛はあったとそう感じていたのですが、お子さんこそが愛の絆だったと。たしかに。

宮尾さん自身にも、そういった視点はなかったそうで、新しい側面を見られたとおっしゃっていました。

よい作品ってたくさんの視点、感じ方があるから本当に面白い!多様性を感じられる!!豊かに作品が広がっていく感動!

最後の宮尾語録エピソードに痺れた!


最後MCの矢野デイビットさんが話されていた話が、宮尾さんの魅力を益々引き立てていました。

彼は、宮尾さんに質問した時の返ってきた言葉が響いて、ご自身のデスクにもその言葉を貼っているのだとか。

MCの矢野デイビットさん

「自分が挫折した時に、それでも立ち向かう時、どうしたらいいんですか?なにが自分の強さの原動力なんですか?」

そういう質問を打ち合わせ時にしたそうです。

宮尾さんは迷うことなくこう答えたそうです。

「まず僕は、選ばれる立場、場へ行く前に、自分自身がそれにふさわしいと、自分自身が自分を選んでからそれに立ち向かって生きてます」

自分自身が自分を選ぶ。

宮尾さん!かっこよすぎです。

表現者としての魅力にとどまらず、

一人の人間としても魅力的!

一流の表現者、いや自分自身を生きている人であれば、誰もが自分自身を自分が選んでいるはずです。

痺れました。

そして、私の中で反芻させました。

MCのデイビットさんの熱い思いが伝わり、宮尾さんの魅力を引き出していたトークショーでした!

我々も、自分自身が自分を選び、自分がふさわしい!と自分のの中心で生きていきましょう!

マダムバタフライは、10月10日〜14日、上野にてあります。バレエの知らないわたしでさえこんなにはまったのですから初心者でも絶対魅力を感じられるはず!!

熊川哲也さんのKバレエカンパニーが作る、新領域かつすごいチャレンジのマダムバタフライという舞台作品。

オペラの世界をバレエで初めて表現したマダムバタフライ、本当に素晴らしいので、ぜひみていただきたい!

そして、感動にふれていただきたい!kバレエカンパニーのマダムバタフライは、演劇性が高くしかも舞台が日本の長崎なので感情移入しやすいです。日本だけでなく海外の方も見て頂きたい!生き様を感じられます!!

今日という1日を、ありがとうございました!!!


【関連記事】

2019/09/28

世界初!Kバレエカンパニーマダムバタフライ!中村祥子さん宮尾俊太郎さん最高!

2019/09/08

熊川哲也世界初演 マダムバタフライ 中村祥子&宮尾俊太郎トークショー

オペラ 蝶々夫人を調べてみた。

2019/5/31
宮尾俊太郎さん!王子の振る舞いができる人がリアルにいたとは!kバレエカンパニー

2019/9/17
体を鍛え直す秋!私は宮尾俊太郎さんをエナジードリンクに!



まだ間に合う!よ!ぜ

kバレエカンパニーHP

最新情報をチェックしよう!