能舞台のある身曾岐神社 からの七里岩ラインからの富士

リゾナーレへ車で向かっている時に、

身曾岐神社がふと浮かぶ。

ということで、帰りにリゾナーレから車で3分のところにある身曾岐神社に立ち寄り参拝してきた。

そして、それから甲府市内方面へナビ通りに帰ったのですが

夕暮れどきの七里岩ラインからの富士山が美しいこと、美しいこと。

ということで写真のシェアです。




Sponsored link

ゆずの北川悠仁さん名義で購入された身曾岐神社


身曾岐神社は、決して古い神社ではなく、どこかの宗教法人から、ゆずの北川悠仁さんお母様の宗教法人が購入された神社にいまはなっているようですが、 普通に山梨では一般の方も初詣などで訪れている神社です。



誰もいません。


見上げればひとすじの雲


昔、こちらにある能舞台で行われた、東儀秀樹さんの演奏を夜聞いたことがあり、


それはそれは優美で平安時代にトリップしたような気持ちになりました。東儀さんもステキでしたw

そんな身曾岐神社を訪れたのは夕暮れ時、わたし以外2〜3人しか人はおらず、静かで空気が澄みきっており


玉砂利を踏みしめる音だけがその世界に響くような時間でした。


すでに月がでていて、能舞台を囲む池には多くの鯉が泳いでいました。


金の鯉がいっぱい。


鯉たちが踊る。


美しい能舞台です。


夕陽も暮れたので、お暇することに。


静かな場所は、心がすんっと引き締まり爽やかな気を纏える。まさに禊がれました。

夕暮れ時の富士山はご馳走


身曾岐神社を出てすぐに目の前に現れたのは、この富士山!

車を停めて撮りました。


牧歌的!かつなんと美しい富士よ。


バランスがよい。甲府盆地からみるよりなぜか距離は離れているはずなのに大きくみえる。


夕陽が落ちたあとも、七里岩ラインからはずーっと目の前にこの富士山が鎮座!


最高ー!

ひゃっほー!

と車でひとり雄叫びをあげました。

そのくらい美しかったのです!

変わりゆく景色と、富士の存在感に感動しながら帰ってきました。

人生で、どれだけ自分に喜びを与えてあげられたか。

自分が最高の気分を味わって初めて、爽快で気持ちがよく感動がこみ上げる感覚を知ることができる。

七里岩ラインはほとんど信号がないので、運転が超ーーーーー気持ちがいい。

わたし、車の運転好きだわ、、と改めて自覚した夕暮れでした。

そして、夕陽に染まり、富士がうっすらと紅くなったその姿はまさに、火山を思わせて、


なぜかハワイにいる感覚になりました。

ということで、夕暮れ時の七里岩ライン(県道17号)は、おススメの道路です。帰りはずっと下り〜。

あなたに最高の体験をあげるのは、自分。

誰でもない自分です。

気分よい人生を遠慮なく望みましょう!世界は広く、美しい!!

アディオス!

身曾岐神社




身曾岐神社

最新情報をチェックしよう!