すでに清まり、高まっている自分自身であると設定する

そういえば、昨日私自身思い込みが外れた!

氏に、自分自身をいかなる時でも、場所でも高めよ。

と言われているのだけど、

ふむ・・・自分を高めるとは?とは?

とあらためてググっている時に気がついたことがあった!

もう今日は書くこと浮かばなくなったなあと思い、

いま、スマホの電源をおとし、身体をベストポジションにして、読書し始めたら

ふと思い出した!で、電源オン。笑。




Sponsored link

穢れているという前提が自分自身にあった。


毎日床の水拭きをしてる頃

こう思った。

毎日毎日掃除しても埃がある。

部屋でもそうなのだから、にんげんも毎日汚れる。

穢れるものだ。

だから、毎日毎瞬清めて当然だろうと。

そう結論づけて、それを今まで採用していたんだけど、

まてよ。

そもそも穢れる設定だから、

毎日清めないといけないし、高めないといけないのでは?

そもそも魂は、ピュアピュアだし

輝き高まっているものだ。すでに。

だとしたら、高めようとしたり、清めようとする行為さえも、いらないのでは??

日常の中にこそ、奇跡があり、

日常の中にこそ、ギフトがあり

日常の中に、清らかさがあり

日常の中に、高めるものがある。

わたしの心1つだ。

だとしたら、わたしは毎瞬高まっているし、

毎瞬清まっている。

そう思った。

特別な場所にも、別にいかなくてい。

あなたはすでに完璧だ。

あなたも、わたしもすでに清まった、高まった魂のまま、生きることができる。

健忘録でした。

アディオス!

mayu from iPhone

最新情報をチェックしよう!