主体性とは?

雨だ・・・・

今日の雨は少しばかり細かいのか?

音がサ行

梅雨明けを待ち・・・梅を干すタイミングを待っているのだが、なかなか梅雨明けとならない。

梅干しを干すのが可愛い子を育てるみたいで好きなのだ!




Sponsored link

価値を外におかない


あなたの価値は、変わらない。

人に褒められようが、貶されようが、あなたの価値は変わらない。

人がこようと、こなかろうと、あなたの価値はゆるがない。

人に認められようが、認められまいがあなたはいつだって素晴らしい。

始めるのは、いつだって無垢な自分からだ。

例えばこの花、


夕方暗くなってから花開き、甘い香りを漂わせる。


昼間はこうして閉じている。

なぜ、月夜の下で花を咲かせるのかググってみた。

夜は他にも多く花が咲き、ライバルが多いため、あえて夜に。

そして熱い昼間は、虫もあまりでないから、夜活動する虫に来てもらうためなのだそう。

へえ〜

実際昨夜また見に行ったら、大きな虫さんがきていた。

ほんとうだ。

昼にライバルが多いから、というよりも

わたしがこの花だったら、こう答えるかなぁ。

「自分がいつ一番美しく引き立つか、考えてたら、それが夜だったのよ。

だから夜に咲きたいと思ったの」


たしかに、

白い花びらが、夜の方が幻想的。

夜に咲くから、こうして白くなったのか、

はたまた白くてか弱かったから、夜に咲いたのか。

たしかに花びらは薄く、とても昼の暑さには耐えられないだろう。

ただ、夜に咲く花は、甘い香りを放つ力がある。引き寄せるチカラがある。

周りの状況が、そうだからあなたはそうしたのか。

それとも、自分がそうしたかったから、そうしたのか。

この違いは大きい。

あなたは、そうしたかったから、そうしたのか。


最近はまっていた韓国の俳優ソンフンさんのドラマの中で、派手なスーツを着こなす秘書が、
色々なしがらみで、好きな人を追いかけられない葛藤に苛まれていた本部長演じるソンフンさんの背中を押すためにこういう。

「わたしの服をばかにするひとは多い。

でもそれらの意見を私は無視している

なぜなら自分が好きでやってるからだ。

だから幸せだ」


・・・・・・

幸せは周りが決めるものでも、周りの状況で判断されるものでもない。

いつだって自分がどう思うか?

どう感じているのか?

そして、どうしたいのかだ。



雨に濡れたバラを今日も一輪お部屋に招き入れました。

幸せ。



締め切り間近。
7月28日(日)15時半〜ソラオトビジネスアカデミア入門 体験会開催

あなたの本当の言葉をききたい。8月よりパーソナルコンサル募集します。

最新情報をチェックしよう!