奇跡的な瞬間!誰もいないプールで感じたこと。

夕方。

氏と電話で話し、改めて自分の役割を認識し切ったあと、

プールに行きたくなり、すぐさま向かった。

世は夏休み、子どもがいるプール、うーんいやだな。ただシンプルに泳ぎたい私は極力人は、いないほうがいい。

んがしかし、もういてもいい!!とにかく泳ぎたいからいく!とすぐさま出かけた。

いったら!!うそー!!




Sponsored link

夏の最中に貸し切りプール!!



なんと、水着に着替えてプールにいったら、なんと!!

広いプールにひとっこひとりいない。

静まり返っている。

え?間違って入っちゃったんじゃないの?

そう思った。

わたし、実は誰もいないプールが、もう大好物!!

喜びで震えるっ!

ちょうど人がひいた瞬間だった模様。

衝動のタイミングって本当に人智を越えるよね。

誰もいないプールには、

誰かが作り出した水の波紋が一切ないのだ。

そこに入る。そして、自らの動くことで波紋が生まれる。

水の動きが始まる。流れができる。

この瞬間が、たまらないのだ。


水と水のあいだに手を滑り込ませて、水と一体になる。

自分が作り出した水のかたまりの間をすり抜ける。


まるでプールの中に、水のかたまりが、ぷるりんと生まれるような感覚。

シルクとシルクのあいだをすり抜けるような心地よさ。

水が後ろへと動いていく。

や、や、やばい。

し、し、至福。

気持ちがいい〜

最高!!!

15分程、誰も来なかった。

その間、水の全てがわたしのもの。水の波紋も全てわたしが作ったものだけ。あー極楽じゃ〜

そうして、人魚かイルカになったような気持ちになって泳ぐのだ。

いったら1キロ泳ぐ。

水とわたしのあいだに境界線がなくなる。

肌を水が柔らかに通り抜けていく。

ちなみに

泳ぎが下手なひとは、無駄な動きが多く不要な波紋やしぶきがすごい。切り裂くように泳ぐからだ。

いやな波紋がすんごい迷惑。正直萎える。

逆にうまい人は、まるで水の中をすり抜けるように泳ぐ。

生み出す波紋も私の泳ぎを邪魔しない。

つまり、水の抵抗を極力無くしたような泳ぎ方ということ。水と仲良しになって泳いでるの。

そして、みていても美しい。

あなたも日々の中でどのような波紋を生み出しているのか、それを自覚するとよい。

あなたが動くことで、水の波紋ができるように、見えない波を生み出してしているのだ。

そこに、無理があると、波紋は美しく広がらない。

力を抜いてかつ、その瞬間と一体になるんだ。

そのあとジャグジーでリラックスして帰宅。

至福だった。

こうして自分の衝動にしたがうとギフトがある。

確信とともに、泳ぎに行ったため、これが逆にメッセージのように感じられた。

つまり、わたしは、

波を作るものの立ち位置なんだ。

これからどのような世界になってゆくか、

これから何を指針にしていく時代がくるのか

最初に波を起こすもの。

誰もがそうである。

ただ役割がある。

私は波を作るもの。

そう感じずにはいられないギフトタイムだった。

最新情報をチェックしよう!