托鉢の話

お釈迦さんの托鉢の話を知っているだろうか。

聞いたことがあるかもしれない。

いま先ほど、この説明もしたほうがいいなと思い、さっくりと説明してみようと思う




Sponsored link

貧しいものを救済するために托鉢する


お釈迦さんが、弟子に托鉢をしてまわるようにいった。

ただし、お金持ちの家を回らずに、貧しい家をまわるように弟子たちにいう。

托鉢というのは、食事やお金などをお坊さんに出して、浄化してもらう感じ。あ、詳しくはググってください。

物乞いに分け与えるのとも少し違う。

魂を救済するために、わざわざお坊さんが回ってくれるのだ。

弟子たちは、思う。

「お金持ちの家をまわるんじゃないですか?だって彼らお金持ってるし!」

ちゃうねん、ちゃうねん!

なぜ、お釈迦さんは、貧しいものの家をまわるようにいったのか。

それは、

「うちには、誰かに分け与えるような余裕はありません」

「わたしたちには、恵むほど豊かではありません」

「だから出すお金はありません」

「貧しいので自分にもお金をかけられません」

「わたしには差し出す価値はありません。だって出したらなくなっちゃって明日食べるものもないのです」

こうした貧しい、不足の心がその人々が貧乏な理由だからた。

お金持ちは、マインドがそもそも豊かなのである。

(あ、マネーゲームしてる現代は別の話です。あれはマネーゲームでしょ)

要は彼らが思い込んでいる不足のエネルギー、貧乏だという思い込みを外してくださってるんです。

だから、豊かなひとは、より豊かに。

貧しいひとは、より貧しくなる。

わたしもむしろ貯金を使い切った時、すっきりして気分よかったなー!それだけで支払った価値があった!笑。

安いとか、おトクとか、それ本当におトクなの??笑。って話です。

むしろ、削ってるで、自分を。って感じ!笑

相川氏に京都、創造の秘密経営塾にていわれた。

そもそも価値に対して価格が安すぎる!

アフリカ人か路上で千円のバッグを売っているところに、30万のヴィトンバッグが紛れ混んでいたら、それに気がつく?という話。

はい、気がつきません。

だからわたしは自分の価値を下げて、正しく伝えるべきひとに、伝わる価格に設定し直すことにした。

正しく伝わるように、ビジネスも学ぶ。

(ちゃんと、こうして学んでます)

ふにおちた。

わたしは、本気で自分の人生を生きるひとに、伝えたいのです。その価値にふさわしい自分、ふさわしいあり方、ふさわしいスタンス。

あー、なんかブッタ読み直したくなってきたぞ!図書館にいこー

mayu from iPhone

最新情報をチェックしよう!