平安時代からの恋愛の神社 貴船神社。水の雫は目に見える豊かさの最小単位

風流な川床のある貴船神社周辺

京都は雨。雨は天と地を繋ぐもの。

まさに雨だから歓迎されていると、わたしはとる。

実際雨にまつわる祈りの神社でもあった模様




Sponsored link

本宮、中宮、奥宮と、雨の豊かさを味わう


本当によく降る雨だ。

実は今回の京都は、創造の秘密経営塾0期の最終合宿のために足を運んだのだ。

東寺で写経をして、清々しい気持ちの中、氏と合流し貴船神社へ


まずは本宮から。美しい


雨はやはり歓迎。


七夕がまだ飾ってあり願い事を、書いた。


あちこちに水が流れていて、水が何かたるかを教えてくれる。

雨の雫しずく一つ一つが尊くて、満ちる粒。

決して小さくなんかない。艶々の光の粒

清水が苔から艶々とした含みとなって、こぼれ落ちてくる。

苔に口つけてちゅーって水吸いたいくらい!笑


御神木を見上げると、雨の雫がまるでスローモーションのようにゆっくりと落ちてくる。時空を超える不思議な感覚。

あちこちに素晴らしい御神木も見応えがあり、気の滞りこそが全ての淀みになるのだなぁと。


スローモーション雨粒を撮ろうとしたら、ファインダーに落ちた。


何かしらの存在を感じる。トトロみたいな精霊か。


中宮そして、奥宮へ


ひとしきり雨の浄化を受けたあと、最後は奥宮へ


癒される。使い古されている言葉だけれど、やはり清い。雨に感謝。雨は毎瞬清められ続けているようなものだから。

どの宮も、山の水がそのまま岩から滲み出てお清めの水に。なんと豊かなのだろうか。そして、本来の姿。


奥宮で最後に静かに手を合わせていたら、こんなイメージが湧いてきた。


私の中に、暗い洞窟みたいなものがあって、その真ん中に水を受ける大きな器がある。そこにはすでに並々と水が収まっていて充ちている。

そこへ雫が静かにぽとり、ぽとりとしずかにたまってゆくビジョン。

わたしの中心高いところから、ぽとり、ぽとりと落ちてくるようなイメージ。静かに、豊かに、満ちていく。


静けさと、わたしの豊かさと、叡智のような感覚がわたしの中を満たし、そこで私はしずかに目を開いた。

どうもそのあとの説明をみたら、地下に?その奥に?伝説?龍穴があるとの内容。なんと見たビジョンに似てるな。

一粒の尊い雨粒が、やがて地下を通り、清水としてわき、それが神水となり、それが川になり、それが大河へと流れてゆく。

その実感を貴船神社でリアルに感じることができた。

水は流れてこそ。豊かさへの信頼だ。雨が降らないことを信じられない人はいないだろう。そのくらい豊かさは本来人々に降り注いでいる。

リアルこそ、チカラ。


感謝!

もちろん恋愛の神さま故、わたしにぴったりの最愛の人に出会えるよう、いや出会えて側にいるような感覚で祈ったのは、言うまでもない。笑。


当初の予定の川床は残念ながら寒すぎてかなわなかったので、美味しい懐石で、お口の中でもせせらぎを感じたのでした。


あゆの焼き加減絶妙!川魚が好きなのです。


道明寺風。平たくいうと焼き飯にあんをかけたものなのだけれど、さすが京都、別物。品のいいお出汁に香りのいいお海苔✨


こんなに細いお素麺初めて食べたっていうくらい絹糸のようで、なのにコシがあるなんて、京都の仕事やわ〜。


可愛い内輪いただいた。


さすが縁結びの神さま、店名もよきかな。

ということで、このあとおこもりして、創造の秘密経営塾のお勉強をしました!!本当に素晴らしいメソッド!

気づきがあったので、また後ほど熱いうちにアップします!

mayu from iPhone

最新情報をチェックしよう!