もともとわたし達は、魚だった。in 美ら海水族館

昨日、美ら海水族館に訪れたのだが、

魚達は、優雅だ。

優美だ。

個性だ。

そして、ゆらぎそのものだ。




Sponsored link

わたし達だって、魚だったのでしよ。


進化でいえば、わたしたちって、頭やら、体やら、皮膚やら、色々あるけど、ベースの骨、めちゃ大事。


こんなに個性あふれる美しい魚たち。


ふてぶてしい子も、もうかわいい。


美しいわたし好みの魚の色、デザイン。すでに美しいデザインは、自然界に存在している。


このこだって、一生懸命守ってる。


ゆらゆら、


ゆらゆら


ぷかぷか


ゆらぐ、わたしたちはゆらいでる


背骨をベースに、ゆらり、ゆらゆらと、しかもわたしたちの世界の1/10のスピードで、動いてる。


とっておきの、カフェ。

目の前が海。エイやジンベイザメを始めとする世界が私の前に現れる。


わたしたち、身体を動かそうしてる。でも、原始的に考えいくと、わたしたちは胎児になるまでに、魚の記憶を経験して、哺乳類になり、やがて人間になる。


つまりわたしたち、もっと背骨を感じてもよいのではなあかな。もっと本質的に、リアルに背骨を意識する。


背骨から動きを派生していく。それが手先につながるような、そういう原始的な、本質的な身体を意識する、たちもどる。


わたしたちは、羊水の中にいたんだ。


もっともっと、感じよう。


地上に顔を出して、今を生きてるんだ、空気の重みを、重力の重みを感じて、


それで、毎日を笑って過ごしたいって思うんだ。

生きることを、難しく考えず、まず身体を魚たちや、イルカたちみたいに、波打つリズムのように、曲線的に歩いて、みない?

なんてことを思った。


ダイブしようぜっ!

お茶会を、そろそろ開催したい。

外見コンサルとは、内側と外側をつなげること

対面、オンラインコンサルも

オンライン、対面コンサル、問い合わせフォームはこちら

mayu from iPhone

最新情報をチェックしよう!