自分の都合を優先する。他人の都合を優先しない。

一昨日のことである。

急遽いくつも取材先の追加の依頼があり、夕暮れ時急にせわしくなりスケジュールが変わった。

少し焦り始めていた。

ついさきほどいた駐車券にまた入る手間に。さきほどの場所に戻った時のこと




Sponsored link

自分軸から外れた瞬間、現実も揺らぐ。



面白い。

さきほど、一昨日駐車場でどんなに探しても見つからなかった、駐車券がでてきた。

しかも、最初に入れたと思った場所からでてきた。

ギアのすぐ隣。

ブセナテラスのフロントに到着した瞬間である。

うそでしょ!どこから湧いてきた?!?

どのタイミングかというと、リッツカールトンでお茶をしながら、お茶会いつやろうと考えながら、友人とやりとり。


そうだよ。わたしは書くタイミングは、必ず書きたいタイミングで書く。

お茶会も100パーセントやりたいエネルギーがあふれたタイミングでやろう。

慌てて告知もしない。

相手の都合ではなく、自分の内側の都合に素直になろうと思った。

記事で自分の都合を貫けと、ひとにいいながら、人様の都合を気にしていたぞ。

そんなことに気がつき、懐かしいブセナテラスロビーに到着した時に、駐車券が現れたのだ。

紛失して2000円ででたんですけど!!あるあるだわぁー


軸がリラックス、そして気分良くなったタイミングで駐車券が現れた。

メッセージの何者でもない。

ブセナテラスで、ムフムフ合宿の計画を立てている。

mayu from iPhone

最新情報をチェックしよう!