沖縄の人はとにかく優しさに溢れてる

昨日からの所感

沖縄のひと、

基本優しさがあふれてる。

今日一体何回その優しさに、その笑顔に癒されたか。

強張りがないのだ。




Sponsored link

皆、ナチュラルな笑顔を携えてる


おしゃれな建築物〜!と思って撮ったら沖縄市役所でしたよ、びっくり。洒落てる。町歩きで建物の個性感じるのもたまらなく好き。


さて、本題。

今回染みたこと、とにかく沖縄の人は優しい。

もう、若者も優しいし、おばあちゃんもおじさんもお姉さんも、おじさんも、笑顔なの。笑顔に強張りがない。屈託がない。

チェッとか、イライラしてるひとがいない。

(げっぷするおじさんはいてびっくりしたけど)

基本、私との会話を楽しんでくれる。

通路を邪魔しちゃっても、すみません通ります〜の一言のトーンが優しい。せかしていない、とてもジェントル。東京だったらいらいらしてるよw 舌打ちされて気分悪くする。

だから都会は不自然に萎縮していくのかも。ぼーっとしとると怒られる!嫌な顔されるって。

それが沖縄はないの。

もうね、柔らかい。

なんか泣けてくる。世界が優しくて。

わたしの緊張がとけてゆく。


道を聞いても楽しくお話ししてくれる。

おばあちゃんが市場の洋服やさんで杖を倒して、わたしがその杖をそっと直して立てかけたら(本人は気付かずその代わりに)向かいのお店のおばちゃんが、ありがとうね!って私に言ってくれたり・・・

高校生が改札で右往左往してたら助けてくれたり、都会ならイラッとされるよ。

今日10回以上、沖縄のひとの笑顔に癒された。何気ない会話に、なんだろう、疑いがないんだな。あの屈託のないお話し。

優しい声のトーンに、萌え〜ってなった。


それだけで、わたし、胸があたたかくなって優しいなあー幸せだなぁーって思った。

スコールのような雨宿り中、笑いあったり

終始優しい気持ちに包まれたのがほとんどだった。

歩くことで風土や街の性格を感じることができる。


今日は那覇市内を歩きまくりつつ、スコールのような雨に何度も雨宿りして、お店でも雨宿りしておしゃべりしたり、はたまたタクシー乗ったりと臨機応変に動き回っていたのだけど、街は面白い。


知らない道を歩くたびに、丘やら、坂やら、曲がりくねった道やら交差点を歩くことで、「ああ、まちだなぁ」と街の息遣いを体感できるんだ。

今日は朝方とても蒸していて、衣服が張り付く不快な湿度がわたしを纏わり付いたのだけど、今、回想してると、もう遠い遠い過去のよう。

ああ、那覇市はこんな感じなんだって。バリを思い出したりして、ちょっとした階段のセメントの混ざり具合の配分だって違う。沖縄は少し黒っぽくてザラザラしてるんだ。

以前来た時の感覚が蘇る。ああ、記憶と今の感覚が交差していく感じがたまらない。

歩くと分かる。身体が分かる。

(ブセナテラスで泊まった時に見た不思議な夢を思い出したよ)

舌からも風土を味わう。


市場も息遣いを感じられる。

薄暗い通りにも、息遣いがある。賑わいがあった。

今日は月桃の葉で包んだ、旧暦の12月8日あたりに食べられるというお餅を食べた。ムーチーといふ。


独特の香りでね。あーこういう葉で蒸したお餅とかって、アジアな感じがして、独自の食文化の息遣いを感じられて嬉しかった。

(ビジュアルは、あれだが・・・)


初めてみた、雲南百薬という野菜!新鮮そうで美味しそう!生で食べられるか聞いたら湯がいて食べるのだとか。


今日飲んだグリーンスムージーにも入っていたよ。オリジナルスムージーにも、独特の知らない野菜が入っていて知らない苦味の刺激が最高だった。

旅先では野菜をこうしてフォロー。

キッチンから聞こえてくる音は、命の音


こうして、街は、その気候と風土と人によって育まれてる。

そんな息遣いを肌で感じられることが、今日はなんだか嬉しかった。

今日手作り豆腐の定食屋さんで、キッチンからおばちゃんたちの包丁の音が聞こえてきて、この音は万国共通で、安心する音だなと思った。

キッチンはどの国にもあるでしょ。

そのキッチンから聞こえてくる音って、命の響きでしょ。

すごく安心した。

なんだかじわって涙ぐむくらい。

生きてるっていう証。

わたしは、どの国にいっても、どの街にいっても、キッチンから聞こえてくる音さえあれば、眠り歌みたいに安心できると思った。

みんな一緒の音で、育ってきてる。

おばちゃんたちは、かつて子供を育てた母でしょう。

彼女たちの力強さと肝っ玉には勝てないよね。

包丁の音が今日は物語っていた。

なにか物語でも紡ぎ出せるような気配がした一日だった。

明日はレンタカーで南下したり、北上したりします。

晴れてくれ、沖縄w

アディオス!

mayu from iPhone

最新情報をチェックしよう!