幸せダンプカー方式とは:自分を主人公に見立てて生きるとこの世は天国

慶雲館での頭の中の私の発想をシェアします。

結局、自分がどこにいても楽しめることが大切。

私は家のベッドも最高に好きだし、都会を歩くのも好き。

自然のあぜ道を歩くのだって、車の中でカラオケするのだって、いまその時間を天国時間にしてしまいます。

で、どんだけ都合のいい考え方をしているかというと、

幸せダンプカー方式をとりいれてるんですよ。我ながらインパクト強いネーミングでいいね。




Sponsored link

自分を主人公に見立てていきると天国になる



例えば・・・今回の西山温泉 慶雲館で温泉に入っている時の

根こそぎ幸せをかっさらうダンプカー方式の脳内はですね・・・

山奥の山奥、これといって申し訳ないですが、周りにまったく観光名所というか、寄りたいと思うような場所はなく、本当に慶雲館に泊まりにくる目的で泊まりにくるお客さんがほとんどなのです。

で、部屋も38室のみ。平日、お客さまもとても少なかった。土日であればもっと稼働率は高いです。

で、ほぼすべて、というか湯船に入っている間、

着いて入って、違うお風呂にも入って、夕食後入って、また深夜に入って、早朝に入って、朝食後に入って、

ずーーーーーっとわたし一人!!!

この時の私の脳内はこう。

「今日この日に入るために、1200年こんこんと営み続け、そして、私が入るためにこうして、古代檜風呂や、露天風呂、すべてを用意してくれて、この場所は待ってくれていたんだ、ああなんとありがたいことだ。」

こうです。

もう宿の存在さえも、わたしのためw

なみなみ入った湯船も、ひとりきりでいつでも入れるように用意された空間

すべてわたしのため!!!!!!

かみさまーーーありがとうーーー!

宇宙ーーーありがとうーー

自然ーーありがとう!!

53代続く社長さんありがとうーー

一緒にいってくれたパパりんありがとうーー!

スタッフのみなさま、ありがとうーーー!!!!

えーーこんな感じで、幸せダンプカー方式です。

だから友人の周りの奇跡も、ああこれは彼女のために全てがおこっているんだ。

ふと思った場所にいくと、思ってもみない巡り合わせが生まれる。

そう思いました。無理やりじゃないんです。確信、腹の底からそう思ってる。

だって、みえる世界は全て自分が選択し、選んでいるのですから。

その責任と自由と、喜びと、すべてを享受する心意気。それがダンプカー方式です。

例えばあなたが電車にのって新宿から、目黒までいった。

この電車は、今日あなたを運ぶために、存在してくれていたんです。

今日みた美しい緑の葉は、あの美しい鳥の歌声は、あなたという存在を賛美するために、今、ここに立ち会っているんです。

すごいことではないですか?

わたしはこれに気がついたとき、ニュージカルの主役になったみたいに踊り出しました!!!


わたしのこの記事も、あなたが読むために書かされた!!ただの脇役です。あたたの人生に、わたしを生み出したのはある意味あなた。

ご静聴ありがとうございました!!

アディオス!

最新情報をチェックしよう!