誰がなんといおうと、あなたが決める。

せっかくだからノートに向かおうと思ったが、どうもわたしは記事書いた方が世界に入れる。

自分の価値や多面性を否定するなかれ。

キャラであろうと、なかろうとある。

わたしは知っている




Sponsored link

誰よりも自分を知るのは自分。


(お花いただいた。うれしい!ありがとう)

誰がなんといおうと、ぴんとこないことは採用しなくていい。

一度全部受け入れて、あとからぺって捨ててみてもいい。

一度受容して、分解して、再編成するのが一番効率がいい気がする。

わたしは思った。

うん。

ボヘミアンラプソディーはわたしにとって素晴らしい映画だった。

ボヘミアンラプソディ・そしてフレディマーキュリーがこんなにも人を魅了する理由

「何者は俺が決める!アイアムアパフォーマーだ!」

決めるのは誰かじゃない、自分!

周りは伴奏者や、刺激するモノ、外に正解はない!自分がなんか違うといったら違う!

採用をするのは、コックピットに座る自分!

自分の人生をカスタマイズするのは自分!

はなまるうどんだって、COCO壱番屋さんだってカスタマイズしてるじゃない!

何がこのみ?何が嫌い?ネギの量は?オプションつける?今の気分は温?オア冷?

この感覚で研ぎ澄まして!

メニュー決めも、レストラン決めも、人生の縮図だから!!

うれしごはんってそういうこと!!

わたしは、わたしの楽しみ方をみせてる、合うなら採用、合わないなら不採用。一度試してみて取捨選択制もあり。10パーセントだけ採用もあり!

わたし、挽きたての胡椒みたいなものよ。

さー、チェックアウトしよ。


ウェスティン。

テーマはwell-beingだって!さすが!!

あとはあとひと押し!スタッフサービスを、対応力を、会話で楽しませるウィットな返しができると最高です!

アディオス!

mayu from iPhone

最新情報をチェックしよう!