目に見える植物もまた自分の分身。

東京滞在を終えて、昨日は少し疲れていて雨とともに少し眠ったり、ゆったり過ごしていた。

数日不在にしていただけで、庭で輝く花が代わり、トマトがまた成長していた。そんな小さな変化を発見するのがとてもうれしい。また部屋の中の植物たちの健康状況に何気に目がいくようになった。

部屋に飾っていた花たちも、月曜に帰宅してすぐ活け直した。

この時間が何よりも好きだ。




Sponsored link

旅の思い出のように、実体験は何度も呼び起こすことができる。



以前にましてこの時間に至福を感じられるのは、京都大原にいってたから植物との対話力が一気に上がったからだと思う。

とことんピュアる3 音無の滝、そしてその先へ

とことんピュアる4 阿弥陀寺 京都大原

全ての自然が自分を守り、助けてくれているという感覚と、私の鼓動が自然と共振している感覚。

あの感覚を、自然を眺めているだけでいまでも取り戻すことができる。

やはり、どなたにナビゲートしていただくかで、見える世界は大きく変わっていく。

ピュア度を高めたい方は相川氏のボイストレーニングに参加してみることをおすすめいたします。

京都大原のヴォイストレーニングの募集は日程共に限られているかと思うので、こちらのブログで、ご確認ください。

声の芸術家 相川陽介氏のblog

目に見える植物は自分の分身



(みるみるうちに10センチ以上全体の大きさが広がった!安心しきった模様。)

実家の観葉植物から分けた株を、8年間東京で育てていた

その子が、実は引っ越す数週間前から、葉っぱが黄色になり、弱っていることが手に取るようにわかっていた。

SOSを感じる状態になったのは初めてだった。

「これはまずい」そう思っていた(たぶん栄養があるだろうと、ぬかを土の上にのせたのがいけなかった!気がついたあと、取り除いた)

今はどうなったか。ぐんぐんと新芽がでてきて、のびのびとぐんぐんと手を伸ばしてきた!!びっくり!!この反応の速さ!!

自分の分身をみているような気持ちだ。うれしくて、つい葉っぱをよしよししてしまう。

自分の心を取り戻したと同時に、この植物の連動ぶり。

もう、わかりやすい!!

心のゆとりをなくすとき、目の前の世界がみえなくなる



(父に日差しよけを依頼して設置してもらった!)

小さな変化、観察力。

静観する力。

これらは、意識が外に向いていると弱まっていく。

自分がどすんと心に居座った状態で、世界をみる。

こうすることで、変化に気がつく。感情のぶれがなくなる。

全てを受容しながら、世界を観ることができるようになる。

また、ぶれたりもやもやしたり感情が荒ぶっても、内観してまた戻っていけばいい。

去らない嵐はないように。

どんな感情も、どんなもやもやも、かならず落ち着いて、晴れやかな空を見渡せる時がくる。

周りの観葉植物を自分の分身のようにみてみよう。

とことんピュアる4 阿弥陀寺 京都大原

とことんピュアる3 音無の滝、そしてその先へ

最新情報をチェックしよう!