ふと思った場所にいくと、思ってもみない巡り合わせが生まれる。

昨日の午前中は初めてのドローイング会でたくさんのデッサンをし、嬉々として午後はパレスホテルへ。

理由は、朝、なぜか待ち合わせはパレスホテルがなんかイイナと思ったから

ただそれだけ。それと、日曜に帰る予定だったのを朝のインスピレーションに従い、1日友人宅滞在を延長をお願いw。

しかしそれが、アメリカ×日本のプロローグにふさわしい流れになったのです。




Sponsored link

トランプ氏滞在中のパレスホテルへ。あえて注目の集まる場所のエネルギーを感じる遊び


日曜日のパレスホテル、さすが要人来日中。あえて注目されているエネルギーが集まる場所にいってみるのは楽しい!写真に映る黒服はSPね。あちこちたくさん!

(昨日からもう警官の数はんぱない!そしてアメリカと日本の国旗が掲げられている皇居前)

パレスホテル、空港のように荷物チェックありましたが、ラウンジは普通に使えることが判明。よかった!それで、少しソファで待っていた時、巨大なトロフィーがロビー展示されていました。


後で知ったのですが(先程テレビをつけたら)お相撲のトロフィーだったそうで、授与する前のトロフィーが飾られていた模様。うーん、リアルタイム体感は面白いな!


暑くてグアパジュースで喉を潤してご機嫌な打ち合わせ時間に。

ハンドメイドフルートの音色に感動!そのわけは?


このあと銀座の山野楽器がふと浮かび、移動。今度はアメリカと日本のコラボ!


楽器売り場で、友人が試奏させていただこうとスタッフさんと話をしていたら、世界的に超有名なフルート奏者‪ジェイムズゴールウェイ‬さんが愛用しているフルートは、ナガハラさんという日本人の方が作るハンドメイドフルートということが判明!

このフルートさんたちは、アメリカの伸びやかなダイナミックさと、日本の繊細さを合わせたような音が出るのだそう!

で、なんとその作り手ナガハラさんが、今アメリカからいらしていて、しかも1つ上のフロアで、フルート奏者が、ナガハラハンドメイドフルートを演奏しているというではありませんか!

すごいタイミング!!!

なぜこんなに興奮するのかというと、実は試奏をしようとしていた友人は、フルート奏者ゴールウェイさんの大ファンで、一度一緒に演奏してみたいという夢を持っていたのです!

こんなことってある?もう奇跡的なタイミング!(ナガハラさんは彼女のために来日してきたと思った!)

パレスホテルで意識したアメリカ×日本がこうした流れになるとは!このフルートのようなハーモニーを国政でも奏でてほしい!

フルート演奏者さんたちの演奏も素晴らしかった!


奏者によって曲によって、音色も表現力も異なるけれどもどれも素晴らしい!!!

もうね、トリオで吹いた時なんて、黄金のベールがおりてくるような音色なのです。

私は演奏者をみていて思いました。


例えるなら、

この素晴らしいハンドメイドフルートは、魂の素質。

演奏者が活かす人(生きる人)

曲は、課題やツールや環境

そして、このフルートを作ったナガハラさんは、あえていうなら創造主

でもそれらすべては、全部自分自身。

はぁ〜!私なりの見解が降ってきて表現できてうれしい。笑。

自分たちの魂はこんな愛情かけて作られた最高品質のフルートのようなもの!そう考えると、ワクワクしませんか?

この演奏会は延泊しないと、聴けなかったし、表現は生まれなかった!だからうれしい!ありがたい!

こうして、なんとなくのインスピレーションを行動に移せすると、想像すらしていなかった感動に出会えるのだ!

余談:鉛筆の音を注意され、のちに気づいた私の望み!



男性奏者がミニサイズのフルートで演奏している時に、鳥たちがさえずりと共に鳥たちが飛び出してくるビジョンが浮かんでくる!うずうずうずうず!!!

今このイメージを頭から取り出したい!さらにはせっかくスーツドローイングを学んできたばかり!ささっと描いた!


でスーツや手の動きを描写しようとした時、となりの女性に鉛筆の書く音を注意されました。

最初、絵を褒められたのかと思ったら、鉛筆が紙にすれる音が耳障りだということだった。えー!この微音がぁ?

たぶんフルート奏者などが多かったんだと思う。想像もしていなかったのでびっくりした。思わず描くのをやめた。(かけんわ)

びっくりしたとともに、もやもやもした。そのあとどう処理したらいいのか分からず、一瞬曲に集中できなくなった!

ただ、相手の視点からしたら、音に敏感な人たちが集まってるから神経質な人も多いだろう。私もたしかに耳障りな音は嫌いだ!ごめんなさい!!(耕運機の音がさっき逃れられなくてつらかった!)

だけど、だからこそ、音楽は特別な人のものになってしまい素晴らしい音が広がらないんだとも思った。これはどの業界でもあるあるなんでは?

萎縮するなら行きたくなくなる。(友人は、音楽が始まってもないのに、扇子で扇いでいた隣に座る友人が遠くから来た人に、目障りだと演奏会場でどなられたことがあるのだそう)

イタリアでは、あちこちで音楽が溢れていた。あんな風にもっと身近に生の音楽が聴けたらいいのに。生の音楽を日常に!!

(ベネチアの夜のバイオリン弾き)

わたしは海外の空港や、駅にあるピアノが好きだ。何気なく弾いて聴かせる、あういう文化が日本にも根付いてくれたらいいなぁ。

今回のこの演奏会では、最近観たバレエのカルメンの曲もちょうど弾いてくれて、最高だったなぁ、また次のKバレエカンパニーのシンデレラ観たくなっちゃったようー!

やっぱり生演奏はいい!!!

できれば最高の音楽を、気兼ねなくリラックスして聴ける環境で聴きたい!!

注意した彼女のおかげで、わたしの音楽の聴き方の望みが現れた!!

(ドラクエでモンスターを退治してニューアイテムをゲット!の音楽が頭で流れた)

周りに迷惑のかからないボックス席がいいな!もしもその瞬間描きたいという衝動が沸き起こっても、その衝動を抑えなくていい!!

わたしはもやもやから、こうして自分の望みを抽出しました。

アディオス!

mayu from iPhone

最新情報をチェックしよう!