自由意識で生きる

昨日から東京day

昨日は朝から晩まで、誰かといた感じだったので、記事を書いたりする時間がとれなかった。

今朝はゆっくりスタートなので「自由意識で生きる、自由意志で生きる」的な言葉がおりてきたので、それで書いてみようと思う。




Sponsored link

どんな自分も、自分が選んできている。


(目が覚めるようなオレンジカラー!なんてきれいなの)

昨日おしゃべりしていた時のことだ。

自分の人生を憐れみ続けそれを話す人がいるそうだ。

犠牲者であり続けることを選択してる人。

わたしだったら、付き合いたくない。

わたし全然情け深くない。やだ。疲れる。去る。

わたし達って素晴らしくて、どんな人生も思った通り本当は選べる。できない、新しい未来を選択したら大変なことになってしまう。家庭がめちゃくちゃになってしまう。世間体が・・・、今まで作った友人が・・・お金が、子どもが成長するまでは我慢。子どもがかわいそう。

本当か?

新しい未知の世界に恐怖があるのは当たり前。

妄想広げる前に、今、この瞬間を感じようよ。だいたい妄想だよ。困ったことがおこるように想像して現実化していれのは、自分!

ある意味すごい!やっぱり思ったとおりになるからね。ただあるがままに自分を冷静に観ることができたら、何を行動するのか恐れず選べるからね。

っていうか自分らしくもない自分で生きたまわりの世界を信じられるのかな?

自分が心から望んだ世界を、求めて、選んで進んだ時に出会った友人のほうがよくない?


わたしだって毎日冒険、挑戦してる。自分の枠を超える。先に進む方からの助言で、わたしの発想がチンケだなと思うこともある。あー、まだまだ小ちゃいなぁと。でもだからこそ、自分が作った制限を外す面白さがある。

思い込みゲームを攻略する感じで、軽く行こう。

女王様キャラなのに、赤ずきんキャラみたいになってる人は、女王様キャラ全開で行こうよ。死なないし、むしろ喜ばれるよ。

本当はわがままアーティストなのに、周りに気を使って嫌われないように、表現したい欲望をつまらない世間体に合わせるのもやめようよ。あなたの作品を待ってる未来があるよ。

嫌われてもいい!このスタンスでいれば、自分を清々しく生きられる!肚をくくるんだ!

誰の人生?明日死んでもいい生き方をしようよ!

嫉妬を恐れない。これくらいという制限を持たない



(アボガドのとろんとした感じ。優しい)

そう。

例えばきれいになることの恐怖。

とある人気サロン店の話。彼女は技術も人柄も熱意も素晴らしい。

周りのお客様をどんどん驚きと幸せで輝かせている。しかし、彼女自身、なぜかもう宣伝はいらないし(すでに人気店のため)とか言ってた。

でも本人がどこか洒落っ気がないのが気になっていた。コンサルしている以上、中途半端な成功してもらっても困る。笑。

なんか、ブレーキ感じるな。これくらいでいいっていうブレーキ。

あなたが広告塔なんだから、もっと自分の顔を好きになりなよ。きれいになっていいんだよ。何躊躇してるの?圧倒的な美しさを放っていい!お客様の嫉妬を恐れるな!

翌日、彼女と出会った。

ん?なんか可愛いぞ。そしてきれい&エレガンスさが洋服からも感じられる。

聞くと昨夜、自分自身にも身につけた技術で惜しみなく顔と体をマッサージしてあげたそうだ。

すごい!

わたしはお客様の変化なんかより、彼女自身の変化がすごく嬉しかった!!


きれいになって嫉妬されてもいい!

何をするにも遠慮なんかするな。嫉妬されても嫌われてもいい!自分の欲望に忠実になれ!

それは誰かの勇気になる!

わたしも、日々挑戦。

(焼きたてパンを持ってブランチへゴー)

5月限定特別価格です。待ってます。

自分らしさを生きる秘訣・パーソナルコンサルティング

mayu from iPhone

最新情報をチェックしよう!