本音ってすかっとする!私が代行憤慨したケースその2

本音ってすかっとする!

自分で書いておいて、笑っちゃう!

本音を出したらいけないという思い込み!

そうなのよ、本音ってすかっとするのよ。

悪口とは違うの、それを上まって魂が解放されるのよね。まずはすかっとした状態にならないと始まらない!!

そしたら急に一つ思い出した。代わりに憤慨したケース!




Sponsored link

「そんなコンサルやめちまえ!」


(暴言シリーズなので、写真だけは清らかに)

これもまた別のサロンである。なんか癒しサロンにご縁があるw

わたし「受けるプロ」と中国などにも教えにいっている超凄腕の小顔の先生にも言っていただいておりまして・・・要は、先生と生徒さん、どう違うのかとか言葉で伝える能力があるからなんですね。

もともと、マッサージなど受けるのが大好きなので、エネルギーとられるれるわーって逆に思うサロンとかは、そもそも書いてないんです。(でもこれからは愛をもって書こうかな)

でね、あるサロンが、とってもいいスペックと情報を持っているんですよ。

でも伸び悩んでる。ここ数年ずっと。

で、コンサルつけてるのかと聞いたら、つけてると・・・嘘だろ・・・

で、聞いてると、そのコンサル・・ただただ肩書き振りかざしてる問屋ヤローだった。

(すかさず癒しをw)

いや世の中にすてきな商品、すばらしい商品はたくさんありますよ。でもね、

人は商品では絶対こないの!!人柄なの、コミュニケーションなの!!!商品じゃないのよ!

その自信のなさも出てしまう。違うんだよ。その人にそもそも可能性と才能すべてあるのよ!!

しかもそのコンサルタントに、人としてはありえない暴言を吐かれたそう

(わたしもはくけども、それはね、愛からなの、本当に変わるための)でも彼らはただ商品売りつけたいだけ、卸の場所を作りたいだけにしか聞こえなかった。

「そんなコンサルやめちまえ!どこぞの協会を作ってようがなんだろうが関係ない!!あなたに合ってない!!!」夜中の1時に叫びましたよ。

って、ね。わたしの貴重な睡眠を!!

結局、どうしたいか?



ただ、本当に本人がどうしたいかなんです。そのコンサルが悪いわけでもない。

だから、本当に変わりたかったら、決意を持って変えていかなくてはいけないし、変わりたくないならそのままでいいし。それは自由意志にお任せでございます。

わたしは、ちゃんと変わりたいというサロンに携わりたいですね。

だって時間の無駄だもん。

変わる気のないひとの愚痴をきいてもしょうがないし、私他にいっぱい萌えることあるから、人生の時間を使いたくないです。

そういう代行憤慨したケースがございました。そういう時って、ご本人は相手がおかしいこと、怒る内容であることさえ気がついてない精神状態だったりします。だから代わりに怒ったの!!

富士山が顔を出してきました。夏の気配がするシマウマ風富士でございます。


田んぼの中に逆さ富士みっけ♫


アディオス!!

お申し込みはこちら

自分らしさを生きる秘訣・パーソナルコンサルティング

※ちなみにサロン経営など法人のコンサルタント金額は、異なります。お間違えないように。

最新情報をチェックしよう!