「今、生きかたを、問われているのだと思う」

「今、生きかたを、問われているのだと思う」

これ、先程電車で目に入ったMATSUDAのキャッチコピー

「わたしという現象」

これはルミネ

キャッチコピーを読んで思う。

みな、目覚めてきているのではないかと。




Sponsored link

望み通り生きられる。



望み通り本当は生きられる。

とめているのは自分。

許していないのも自分。

どうして、心のままに動かない?

なぜ過去の記憶や軌跡をたどろうとする?

状況も、環境も、すでに異なる。

どうして今この瞬間の自分の気持ちをキャッチしようとしない?

制限をかける?

制限をかけると、安心なのだろう。過去の轍をもう一度通ればいいから。過去の自分はできたと安心したいから?

それ、面白いの?

私たちは、ドラえもんを手にしたような時代に生きている。

求めれば与えられるのに、やりたいとも口にしない。

やりたいとわがままを言うことさえ、躊躇する。

なぜ?

なぜ怖いの?

いつ誰があなた傷つけた?

でもそれは過去であって、今ではない。

信頼はスピード。

本音は笑える。

自然はいつだって優しい。

世界はいつだって優しいよ。

もし周りが気になるのなら、あなた自身があなたに夢中になっていない証拠。

気にしてどうするの?

他人じゃなくて自分の本当の望みを気にかけてあげたら?

私はあなたの本当の声を知りたい。

もっとあなたの声を聴いてあげて。

わたしはもっときれいになりたいし、

いつも美しいものに感動したい

新しいわたしに出会うような芸術に触れていたい

心地よいテラスで会話を楽しみたい。

世界を旅したい。

望めばいい

心地よさを。

望めばいい

あなたが欲する世界を。


mayu from iPhone

最新情報をチェックしよう!