京都大原 阿弥陀寺(あみだでら)・とことんピュアる京都旅4

拝観16時ぎりぎり訪れたのが、阿弥陀寺である。

清き美しい時間

即身仏がいらっしゃるお寺。

わたしの感じたことを、シンプルに。




Sponsored link

清く、凛とした静寂の中で



光のさす方へ


山奥にも関わらず、葉一枚とて落ちていない庭

苔にお花


静寂


清らかさ


清流にしか咲かない京都府指定の絶滅危惧種のお花、九輪草。五月初旬、今しか咲かないのだそう。ありがたや。奥には山葵の葉。


山奥の山奥。わたしたちだけ。


天界のような、この世とは思えない凛とした世界。


九輪草が咲くこの庭には静謐な空気が、おおっている。ここは天皇家とも縁の深い場所。こちらの奥に即身仏となった弾誓上人が弟子に掘らせた岩の奥にいまもいらっしゃる。まるで天界だ。

また別室に描かれた弾誓上人が、描かれた手には金の団扇。しかもその団扇は江ノ島からのものとのこと。


ここでしばし、座禅を組み瞑想した。

目をそっと開けると、わたしの心臓のリズムとそよ風になびく木々の葉たちが、自然界の営みが、一体であることが、分かる。感じる。

なんと、なんと、繊細なのだ。

わたしの呼応が、自然界と共鳴している。

葉の細かな揺れ、この微かな揺らぎさえもわたしの中にある。

至福。

合掌。

私が分解され、小さな小さなそれでいて確固たるピュアな存在を感じた。

それと同時に、私が放たれた。


ありがとうございます。この導きに感謝。ありがとうございました。

古知谷 阿弥陀寺

住所:京都府京都市左京区大原古知平町83


【関連記事】
とことんピュアる1 京都大原 年間50日しか空かないカフェ アピエ

とことんピュアる 2 京都大原地野菜が食べられる キリン

とことんピュアる3 音無の滝、そしてその先へ

最新情報をチェックしよう!