遠慮したり、妥協したり、空気を読んだせず、望むこと。

今日も眠りが深かった!安眠は至福。

引っ越し作業も6割終わった(あと洋服と書類とお皿)

山梨の静けさが私を充電してくれる。電磁波すくない。

最近、コーヒーショップでのやり取りが面白かったので、ざっくりまとめてみる。




Sponsored link

望みを伝える



お店で望みを伝える、つまりオーダーするのは自分がどうしたいか選択して伝えるよい練習場所になる。

何かを頼んでも、断れることもあるし、時間がかかる場合もあるし、はたまたイメージしたものがない場合もある。

ここのところ、コーヒーショップで意図したものが食べられないことが多くて、面白い。

(銀座四丁目の交差点の青い看板の店、ドトール系列だって初めて知った)

①ポットメニューは時間がかかります。

→時間がなかったので、すぐ飲みたい。ハーブティーを諦めてアメリカンコーヒーを選択。美味しかった。

②そのサンドイッチは、ご準備するのに10分以上かかります。

→スタッフさんができれば避けたいと素直にいうので、違うのを選んであげた。違うのが思った以上に美味しかった。

③ドリップコーヒーは、ロースト強めの豆のみです。

→ドリップコーヒーで浅めのコーヒーを飲みたく、好みを伝えたら、豆は好みを選べたが、プレスコーヒーで提供されてしまった。が、結果ドリップコーヒーよりも、淹れたてだったから新鮮。

①②③、どれも異なる店での話だ。

じゃあどうしたい?

自分の優先順位を決める練習になるから。

時間が優先なのが

味が優先なのか

色々ある。

その中でも、自分が納得して選択をする練習になるから。

お店のオーダーも、人生の縮図。

遠慮したり、妥協したり、空気を読んだせず、望むこと。

その後の結果については、固執しない。自分が選択できれば、納得も行くからだ。


嫌われたくない!

いい人でいたい! クレーマーに思われなくない

こういうことを考えていると、なかなか本音を言いづらいものだ。

なので、結果に固執せず、望みを声にだす練習をコーヒーショップでしてみるのは、いかがだろうか?

ではアディオス!



最新情報をチェックしよう!