世界は最初から、やさしい。

深夜目覚めてラーメン記事書いて、

また寝てから、急に思い出した。

私は3年くらい前、結婚したくてとある方にホロスコープをみてもらった。

彼と別れたあとで、凹んでもいたので。




Sponsored link

感情の起伏の激しい星


その時言われたのは、牡羊座はスピード、情熱、エネルギッシュ、スポーツカー、トップバッター的な男性的な星座。その牡羊座にわたしの女性性を表す金星がある。

この牡羊座的要素、自分でもよく理解してるし、人様からもその印象があるように思う。

はたや感情を表す蟹座に、私の男性性を表す火星がある。

そういう場合は、感情の起伏さが出るとか、、。

で、そのホロスコープの方は、たしかその起伏をコントロールすることで、よい人に巡り合う的なことをいったような?(でも結婚よりも、私が自分で望みを叶えるほうが先と言われた気も)

彼とだめになったのも、感情の起伏が激しくてだめだったのかもしれない。

私は思い込んだ。穏やかな女性にならなくてはいけないという鎖をつけたのだ。

が、しかし、先程、意識が目覚める前のまどろみの中で思った。

違うがな!

この激しさ、この感情を、ありのままでいて、私を好きだといってくれる人に会えばいいだけじゃないの。

怒りも悲しみも、喜びも美しいものなのだから。

そう思った。

狭い世界で、探そうと、しなさんな。

まゆみさんNY似合う。NYでバリバリ働く彼がいそう


「まゆみさん、NYとか、ロスとか、ハワイとかに1ヶ月くらいいたら、めちゃめちゃもてるよ」

え!まじっすか。

そうか、わたし、環境を間違ってたんだ!と思った。

モテ期味わいたい。

さらに、一昨日の夜。

「NYに彼いそう。バリバリ働いてる彼。さらにまゆみさん、NYでネイルサロン経営してそう」

まじか。

わたくし、思い込みの激しい人間である。笑

確かに、予祝ごっこを知人と一週間くらいしてるとき、彼が私に会いたいために、ファーストクラスのチケットを用意してくれて、ロンドンでお茶する。とか、私のことをパーティで、「まゆみは僕のミューズと言っていたよ」という妄想会話で、ムフムフしていたこと思い出した。その彼設定もNYのビジネスマンだった。私がいったのではなく、確か相手が出した設定。

あながち、間違ってないな。みんなで観測してくれてるんだもの。

NYって、すごいパワーが強い街のイメージがあるから、私は苦手だと思ってたけど、今の私なら大丈夫な気がする。出川英語だけど。

自分のままで生きるのが怖かった。

全てがめちゃくちゃになって、迷惑をかけてしまうんじゃないかって。

大人になろうとがんばったけど、

案外世界は、こんな私を待ってくれてると思った。

世界は優しい。

わたしが毒舌でいると、スカッとしますと周りが最近言う。

ありのままでいると、みんなが面白がってくれる。

世界は最初から、やさしかった。

mayu from iPhone

最新情報をチェックしよう!