2019年4月16日 うれしエッセイ 本音に気がつく

意外だ・・・

意外すぎる。私がよしとした記事よりも、私の中途半端な気持ちが揺らいだ内容の方が皆さんお好きなのかもしれない?ということで、なるべく自己開示しながらうれしごはんを書いてみようと思います。

しかし、本音の願いってなんでしょうね。

自分の本音を知りたいならば、

①自分が今本当にそう思っているか、自分を疑ってみる

②本音で生きてる方の助言を聞いてみる

③実際やってみて実際どう思うか自分で実験して感じてみる

あたりでしょうか。最近のトークショー内でグループで話したことで、客観的になり、ますます本音の自分に気がつき始めています。

私もまた良い格好しいだったことに気づいたら、むしろそんな自分を愛しく思いました!




Sponsored link

今更気づいたこと。作るより食べる方が好きだし、なんなら作ってもらう方が好き。


(素敵キッチンから見えたプール。)

最近気づいたこと。

自分で作るより、人に美味しいご飯つくってもらう方が好きだ。ということ。

マクロビオティックを学び、ヴィーガン料理を学び、フードコーディネーターの学校も卒業しておいて、レシピなども提供しておいて、フード仕事していてなんなんだけども・・・最近気がついた。

声を出して言う!

本当は、料理は作ってもらうほうが好きだ!!

あの頃イメージしていた料理をする自分は、料理をしてダーリンの健康を気遣い料理ができる自分、素敵。と酔っていただけなのかもしれない・・・とさえ、最近思い始めた。実家に帰るたびに甲斐甲斐しく、年末おせちを詰めるのは良い娘と思われたいだけなのかも!笑。あと期待に応えようとする自分。そう、他人の評価欲しがる人間なのです!でも!

本音は、作りたい時だけ、作りたいです!

情熱に従わせて!笑。

確かにステキなキッチンに立つ時間は大好きなのですが(撮影現場などでもステキなキッチンに出会うことがあるし、ステキなキッチンに立つのはテンションが上がって幸せ)

でも、それって母の背中をみて一緒に立った小さい自分の幸せな記憶のようなもので、ただそれだけなのかもしれないと最近思うようになった。自分がメインじゃなくお手伝いするあの感じがスキなんです。きっと。

むしろ父が作ってくれる料理がすきだし、据え膳上げ膳最高にありがたいと思ってる体たらくです。

ほーら、ますますサイテーでしょーこれが私です。だから旦那様は、料理上手がいいです。一緒にキッチン立てる人がよいです。 ステキなキッチンだと気分も上がって美味しいごはん作れます。笑。

自分が最高にいい気分、状態の時に、本当になりたい自分が湧き出てくる!?


(丁寧に入ったコーヒーはやはり美味しい。こちらのお店カウンターでスタッフさんの動きを見ていたけれど、細やかで美しく丁寧でした。)

先日のトークショーの参加者様の中に、これからなりたい仕事を話してくださった方がいらした。

相川陽介氏は、今つらかったりがまんしている状況だとしたら、その時思った仕事が、本当にやりたいことだと思う?みたいな質問を、返していたと思う。

その発言に私もハッとした。

2017年に仕事を辞める前までぼんやりと、考えていた未来の仕事は、とても仕事で疲れ無理している時に考え導き出した未来像だった。つまり、本当の本当にやりたかったことではなかったかもしれないと。

でももちろんそれも嘘じゃない。憧れだったことは事実だし、こうしてやりながら本来の道に進めばいいのだから、それは問題ではない。ただ実際やってみると、どうもしっくりこない。一生やり続けたいというような熱量が自分に上がってこない。

そうなのだ。脚色したこんな自分だったら素敵像であって、私が本来やりたいと深層心理で思っているもの、本質とも違っていた気がしたのだ。もっと本質的に私が本当にやりたい沸き起こるものとはどうも違うかもと!!

今なら分かる。すでに私持ってたよね。書くこと、一番大好きじゃん!笑。

ということで、わたしは我がすべてのプロセスを愛す!そして、日々進化する自分自身の願いや本音に、敏感であれ!というお話でした。笑。

本音じゃない願いを思ってもいい!やってみたら気がつくから思う存分幻想でもいいからやったらいいし、行動した分自分ののぞみに近づけるはず。

ということで。

ではアディオス!

mayu from iPhone

最新情報をチェックしよう!