人様から怖い人と思われたくなかった件

東京丸の内、八重桜がマシュマロのようにたわわに花開いている。芽吹き始めた木々の新芽から喜びのコーラスが風に揺られ聴こえてくる。

皇居のお堀の水面が西日に照らされて煌めく時間帯、友人とお堀周辺を話しながら歩いていた。すると、あることを思い出した。

私、そういえば、「人に怖いと思われたくない」と思っていたなと・・・。




Sponsored link

そう、私「人に怖い人と思われたくない!」と思ってました。


「人に怖いと思われたくない」

記憶の底に沈めていたことが、ふっと思い出された。

そう、私は自分の真顔が嫌い。

なぜなら、何度となく「怖い」と言われていたことがあるから、真剣になっているだけで、べつに怒ってる訳ではないのに「怒ってる?」よく言われ、実際に自分で見ても真顔は目が座ってて怖いから。笑。自分の真顔、ぞっとする。(笑顔は可愛いよアピールはしておく!)


(パレスホテルの6Fラウンジテラス席)

だから、無意識に人から怖いと思われたくない! と思っていたし、思われることが、恐怖だった。

さらに「怖い」と言われたくないし、そう言われると傷ついていた。わたしの印象、怖い人いやや。笑。


(テラス席、階高め、ソファ席、思いがけず望みイメージスポットにたどり着いた)

んがーしかし!急に今日思った。なぜ、怖い人と思われたくなかったんだろう。まあ、嫌われたくなかったのでしょうね。

今日思い出したと同時に純粋に思ったことは、

「別に怖い人って思われてもよくない?」ということ。

だって、そもそもエッジの効いた人間なんだもん。やわやわの方がむしろキモいよね。

(小学校の頃もたぶん、保健室と図書館が好きな内気キャラと思い込んでいるけど、どちらかと言うと無意識にいじめキャラよ。記憶にないけど。記憶は脚色しますからね。今覚えてることなんて、自分の良いように脚色された記憶。)


(萌えスィーツ、そして美味しい)

そうよ、そして今はこう思う。

自分におカマ口調で、言ってやりたい。

「あーた、本質が強めなんだから、別にそのままでいけばいいじゃない」と。

「あーた、人に合わせるの苦手なくせに、何社会人気取りしてるのよ」

むしろ、個人的に、わがままで、ズバズバ言う人みていてスカッとしていたし、長嶋一茂さんとかわがままさが、清々しいくらい!

私自身、はっきり物事を言う人の方がクリア度が高いし、見ていて気持ちがよい。新しい角度の視点を与えてくれるから、むしろありがたい!

私、顔に全部出ちゃうタイプ(本人はオトナな対応してるつもり)。

「そう、そもそも素質バレてんのよ。顔隠してお尻出てるのよ!笑」

はい。そんな気づきがありました。

浮上してきた想いは昇華の合図。怖いと思う感情の下には宝箱あり〼。


実は歩き出す前、パレスホテルのラウンジからクロサギが、お堀を泳ぎ、時折深くもぐり姿を消し、ぷかっとまた水面に上がってくる様子をしばらく眺めていた。

どうして、急に私は人から怖いと思われたくないと思っていたことを思い出したのだろう・・・

「まゆみちゃん、それはさ、もう持っている必要がない感情だから浮上してきたんだよ」

と友人。

うん。そうでしょうね。隠しておく必要がないから、出てきたんだな。クロサギさんよ、潜って浮かんできてくれてありがとう。神の化身だね。

今日はまた一つ、自分の思い込みを外せたことで、心が軽くなったのでした。

今日の標語

怖くても

別にそんなの

いいじゃない

問題と思う心が

そこにあるだけ。

お後がよろしいようで!

何か拾っていただけたら嬉しいです。

アディオス!

mayu from iPhone

最新情報をチェックしよう!