叶える力について、桜木梢さんに聞く。

スピリチャルカウンセラー桜木梢さん、すごいです。

こんなにすごい千里眼お持ちですけれど、変なところで気ー使いーです。

皆、さまざまな魅力を持っていますが、なんか許せちゃう!なんか可愛い!そんなキャラクターの持ち主の桜木梢さんに、インタビュアーの特権を酷使してあれこれ聞きました。

彼女のすごいところは、メディアを持たないところ。
その潔さがすごい!そして、こうして私が代わりに発信するという見事な役割分担。

彼女は、感覚だけで生きているんです。




Sponsored link

梢さんにとって、お金とはなんぞや。叶える力とは?



インタビュアー(以下イ):梢さん、色々聞きたいのですが、いいですか?

桜木梢さん(以下梢さん):どうぞ。

イ:お金は概念なので、さまざまな捉え方があると思いますが、梢さんにとってお金とはなんですか?

梢さん:お金は生み出すものじゃね。

イ:生み出すもの。例えば買いたいものがありますよね。以前、とある高級車のモデルルームに梢さんと一緒に行き、試乗姿を見ているので、よく知っていますが、まさか本当にあの車に1年もしないうちに、購入されて乗る現実を引き寄せちゃうとは思いませんでした。半分夢物語くらいに思っていたけれど、梢さんにとって、全部リアリティの感情だし、言動だったんだなと。

そして乗り心地、最高でした。

梢さん:梢ね、車が大好きじゃけん、妥協したくなかったんよね。でも旦那さんが、手の届く範囲の車を選ぼうとするけん、まあいいかとも思ったんじゃけどね。でもすぐに手に入るものって、現状維持に過ぎない。

おんなじ数百万を払うんなら、どうせなら気持ちがいいほうを選んだほうがいいじゃろ?旦那さんも、本当に乗りたい車は、梢と一緒だったんよ。でね妥協案と本命の車の乗り心地はね、どちらもさほど変わらなかったんよ。でもね、選んだ時の気分が違った。

イ:気分が違う!うーんなるほど!気分!!

梢さん:今日みたいな青空を見上げたら、スワーッとするじゃろ?そういう気持ちになるほうを選ぶのは、生きたお金を使ってると思うんよ。
この日は確かにスコーンと晴れ渡る青空でした!

イ:確かに。支払って気持ちがスーッとすることってありますよね。乗っていても気分がいつもよいことでしょう。プライスレスですよね。ちなみに、下世話な話ですみませんが、その車を購入して支払いに困るとかそういうことはなかったんですか?

梢さん:ないよ。だってその車に乗るって決まってたんじゃろうね。普通に川の流れに乗って、葉っぱは流れるじゃろ?自然な流れに乗ったら、その通りに流れるよね。逆に、無理したり流れに逆らおうとしたら溺れるけんね。ただそれだけよ。

イ:ほほー、なるほど。決めたあとは、委ねるというか、そうなると決まっていた・・・という自分への信頼が半端ないですよね。 そうなると腹の底から決まっている感じですね。川の流れで例えるところがまた素晴らしい。そうなると決まっていた。(落とし込むまで反芻する私)ブツブツブツ。

梢さん:梢ね、例えば誰かがやっていることなら、梢にもできるって思うんよね。だっておんなじ人間じゃろ?できるじゃろ〜。

イ:そのメンタルですねー!確かに難しく考えずに、あの人ができるなら、わたしにもできるはず。脳内ダウンロードですね。それと気持ちがスカッと晴れ渡るか、逆にどよーんとなるか、その自分の感覚を大事にすることも、未来を切り開く力、叶える力には必要ですね。

全ては、本気なのか、その気があるのかの違い



梢さん:お金は生み出すものじゃけんね。本当に買いたいものがあって、買うか買わないか、行くか行かないか、やりたいか、やりたくないか。これって本気で買う気があるか、行く気があるからだけよ。買う気、行く気、やる気があったら、なんとか叶う方法を探したり、できる道を考えるよね。その気が本気であるかの違いよ。

イ:ホースを使え、じゃないですが、自分を信じることが全てな感じがしてきました。本気か、その気か、ですね。

梢さん:まゆぴーもさ(インタビュアーのあだ名、この呼び名で呼ぶのは梢さんのみ)昔リーディングした時に言ったかもしれんけど(2016年独立する前にリーディングを私受けています)忘れてたこと、今思い出したけど(梢さんはリーディングした内容は忘れてしまいます)、ものすごく自分を低くみてるよね、枠がありすぎ、もっと凄いんよ。

イ:えーー、わたしまあまあ、人様よりも枠外れてるタイプですし、いい感じだと思ってるんですが、まだまだですか?

梢さん:まだまだあるよ。まゆぴーもっと凄いから。

イ:えーーー。笑

梢さん:流れに逆らわず、どんどん進めばもっと凄いことになるよ!

イ:えーーーー!笑。ありがたやー!自分でまだまだブレーキかけてるのだとしたら、外し放題ということになりますねぇ。

梢さん:言わせてもらいますけどね。今躊躇してること、あるでしょ?今までやってみて、結果的になんとかなっとるでしょ?

イ:はい。今まで結果的には、不思議となんとかなってます。

梢さん:つまりは、次もなんとかなるってことよ。

イ:確かにー!笑。反論がございませぬ。何かしら理由づけして次は難しいと思ったり、それを選ばなくても楽しい毎日だしと頭を納得させる節がございます。うーん結局は、この自分への信頼関係をバンジーしながら構築して行くのが人生なのかしら。

何かを決める時って、私はお金のブレーキがやはりあって、うじうじするんです。少し持ってたほうが安心だし、みたいな!笑。でもだいたい、支払った時って、爽快にまさに空を見たときみたいな、スカーッとした晴れ渡る気持ちなります。それが答えですね。

梢さん:お願いしますよ。笑。その躊躇がなければさらに早いよ。

イ:その決めるだけ!が怖いんですよね!そこを飛ぶ練習ですね。

人生とは?人は、何のために生きる?



(六本木ミッドタウン内の2FイタリアンKNOCK。今までにいないタイプの気さくなスタッフkentoさんが食事中始終楽しませてくれました。おすすめ)

イ:さて、梢さん・・・、哲学的な話になってしまうのですが、人はなぜ生きてるんでしょう?何のために生きてると思います?

梢さん:梢はね。幸せってどういうものなのか伝える役割があると思っとるんよ。当たり前の幸せを忘れとる人がたくさんおる。自分の存在が、ここに在ることが幸せなんよ。

イ:つまり人は自分は幸せだと感じること、が生きる意味ということですね。

梢さん:まずは自分の幸せを感じるため。自分を優先すれば、最終的には周りも見えるようになるけんね。

イ:私も思えば、まだまだ旅の途中ですが、この瞬間に思いっきり幸せを感じること(例えばベッドでだらだらすること)にブレーキをかけていた気がします。いまや、ぽかぽかで幸せだーと満喫しています。自分に優しくなると、相手のリズムも受け入れられるようなることもありますよね。

梢さん:そうよ。幸せ感じていきましょ。まゆぴーと話してると、自分の整理にもなるからインタビューが楽しくて仕方がないんよ。

イ:んまー!嬉しいことをおっしゃってくださる!インタビューヒーリングでも開設しようかな。笑。

梢さん:いいじゃんそれ。

梢さんから言いたいこと


梢さん:梢ね、いいたいことがあるんよ。最初は沢山の人達に役立てるのならって、知人だけにしていたのを、スピリチュアルカウンセリングとして、引き受けるようになったんだけれど、受けた方が後になって、「あの時こういったじゃないですか」って言ってくる方がいるんよ。

イ:それって依存ですよね。相手のせいにしてる。

梢さん:梢は、その瞬間に感じたことを伝えてるんよね。

イ:その瞬間のベストを伝えてる。あとは感じる側の判断に任せるのみですよね。その後何を選択するかは、本人の問題ですよ、はっきりいって。私は、梢さんの言葉はストレートに入ってきます。嘘がないから。だから信じられる。今まで自分自身を強く信じたい時、背中を押してもらって来ました。なぜか、梢さんの言葉はどすんと入ってくるんです。

梢さん:ありがとう。梢もおんなじよ。自分の人生を覚悟している人に受けてほしいって思っとるんよ。

イ:そうですね!何かをやると矢面に立たされることもあるでしょうけど、自分の使命を果たすってそれさえも受けいる覚悟で、進むこと!そして、どんな時も、自分の未熟さもひっくるめて、まるっと受け入れてオープンハートで進みたいですね!
本日はありがとうございました!


ということで、2回に渡るインタビューでしたがいかがでしたか!何かヒントになれば嬉しいです!

愛すべき自分の人生、まるごと楽しんで参りましょう!

アディオス!

今年は講演会を予定しているとのこと!セッションへの問い合わせと希望の方は、下記より連絡をどうぞ。

梢さんのLINE @はこちら

関連記事
桜木梢さんに2019年年初めに生きるヒントを聞く

KNOCK cucina buona ITALIANA



@六本木ミッドタウン2Fです。テラス最高!

最新情報をチェックしよう!