サンジェルマンデプレで王道カフェドフロール

サンジェルマンデプレといえば、カフェドゥマゴとカフェドゥフロール

言わずと知れたパリのカフェの王道ですが、本物に触れる時間はよいものです。

ということで、今回はカフェドゥフロールで感じたことをお伝えしていきます。




Sponsored link

サンジェルマンデプレ、カフェドゥフロールで過ごす


遅くおきた朝は、4番線メトロに乗って、サンジェルマンデプレへ。


この駅名となっているこちらの教会がサンジェルマンデプレです。


その向かいにあるのが、カフェドゥマゴ。

最初は、カフェドゥマゴへ行き、ルーセル先生が二階のあるカフェドゥフロールと勘違いして二階に行ってもいいかギャルソンに尋ねると、

「うちは二階はないよ、君はカフェドゥフロールと勘違いしているね。でもうちのカフェで過ごしてもいいんだよ。もちろんカフェドゥフロールにいってもいいけどね」とウィットに富んだ受け応えをするギャルソン。

あーすてき。

本当に美しい。そのすぐ近くにあるのがカフェドゥフロール。どちらも有名ですが、カフェドゥフロールの二階には文豪たちが集まり語り合い、文化を広げたという歴史があります。サルトルは一日中過ごしたとか。


しかし、ギャルソンがカッコいい!


二階は朝は閑散としていたので、やはり気持ちがよいテラスへ。


ということで、メニューを拝見。


カフェ・オ・レを選んだつもりがカプチーノがきたのはよしとして、バゲットとエシレバター、ジャムを頼みました。


このシンプルな組み合わせが最高に美味しいのです。小さなバゲット一本は、焼き具合やしっぽのほうと味わいが異なり、焼きたてなので噛めば噛むほど美味しいハーモニー。


カフェに浸してもまたよろし。対応してくださったギャルソンの奥様は日本人とのこと。ギャルソンが誇りを持って仕事をしているからこそ、歴史が積み重なり、10年以上ぶりに訪れてもこうして繁盛しているのだと感じます。


そして我々を虜にしたギャルソンが彼!立ち振る舞い、出で立ち、スマートさ、素晴らしい!ついノートにスケッチしてしまいました。仕事を全うし、受け応えもやさしく、白くパリっと糊付けした体にあったシャツ、ルーセル先生も絶賛の彼!


つまりこうして伝統を引き継ぐカフェがあるのは、誇りを持ち笑顔を絶やさずサービスをするギャルソンたちによって支えられているのかと。


またこちらのイラストは、フランスで有名な「プチ・ニコラ」というお話のイラストレーター、ジャン=ジャック=サンペさんが描いたもの。人の営みと爽やかさパリのよさが伝わるステキなイラストです!

こちらを持ち帰っていいか尋ねるルーセル先生。

するとギャルソン

「持ち帰れないよ」

え?と思ったら、

「その代わり新しいのをあげるよ」と用意してくれました。

すてき過ぎる受け応え!

このウィットに富んだ会話ができるギャルソン!パリは都会だけど冗談をいったり、会話をする楽しんでいる。今を生きている!ここがステキ!

私たちも日々出会う人との会話や、ちいさなやり取りも楽しんで過ごしたいものです。ついつい心地よくて遅めの朝食でしたが、すっかり時が過ぎてしまいました!

「文豪たちが語り合ったのは、カフェドゥフロールだとして、今はSNS上で語り合っているとも言えるわね」とルーセル先生。

そんなパワー溢れるカフェドゥフロールでこちらの記事はアップしました。

とにかくも気持ちの良い空間にはかないません!あなたの心地よい場所はどこですか?

そして日常こそ、ウィットに富んだ会話と、何気ないおしゃべりを楽しみ豊かな人生を歩みたいものです。


オヴァア!

mayu from iPhone

最新情報をチェックしよう!