ミートフリーマンデーを実施!ベジランチ@内閣府職員食堂

EAT

お肉がいい、悪い

ベジタリアンがいい、悪い、

そういうことは、おいておいて野菜中心の食事として、こんな選択肢があるよ、と知る機会があっていいと思っています。

私は新しい食文化や、新しい発見、新しい創造が生まれる瞬間が何よりスキです!

そして新しいことを知るということは、新たに意思を持って選択するチャンスが生まれることでもあります。

ポールマッカートニーが始めた、ミートフリーマンデー!

内閣府の職員食堂では、ミートフリーフライデー実施していることを知り感動!光栄にもランチをいただいてきました!

時代に新しい波がきているのを感じます!!!




Sponsored link

内閣府食堂から発信!毎週金曜限定のベジタリアンメニュー!


我々が待ち合わせしたのは、内閣府合同庁舎8号館前。

こちらの庁舎は、地下で首相官邸とつながっていることもあり、チェックは厳しく、事前申請&身分証明書を提示し、ICチップ入りの入館証でインしました。館内を通り抜け食堂に到着しました。

(内閣府は基本的に一般利用不可、特別に事前登録の場合のみ可能)


内閣府内の職員食堂で毎週金曜日、ミートフリーメニューを提供しているという事実には本当に驚きましたが、なんと一年以上前から行っているとのことです。

2019年1月に、あの幻のヴィーガンタマゴサンド発案者の高橋直弓さんが、ヴィーガンティラミスを監修するというご縁もあって、特別に12月の特別ランチメニューをいただくことが出来たのです!


食券を事前に確保していただきました!今日のメニューがずらりと並ぶ中、食堂前の展示スペースの中で、一番目立つ場所にで 展示されていました!わぉ!


現在毎週30~40食限定とのことですが、導入してから毎回完売御礼とのこと!今回は特別に50食限定だったそうです。高橋直弓さんによると、メニュー内容も日をおうごとに、クオリティがどんどん上がっているということでした!こちらのシェフの研究と努力を感じます!また新しいメニューへの取り組みなどの柔軟性も素晴らしいです。

さらに今回は年内最後のベジメニューで、スペシャルメニュー!奇跡のりんごで知られる自然農法のお野菜が使われているそうで、ワックワクです。


[amazonjs asin=”4777937887″ locale=”JP” title=”簡単! 毎日食べたくなる! からだにやさしいお菓子 (ei cooking)”]

ミートフリーマンデーとはこちらを読んでね



@内閣府ミートフリーフライデーのベジメニューはこちら!


早速食券をカウンターに渡しいただいたのはこちら!提供してくださるキッチンのスタッフの方からも愛を感じました。トレーを渡す仕草だけで、愛を感じます。

〜内閣府 Vegan ランチのメニュー〜

・ハンバーグ デミグラスソース♡

・人参のポタージュ♡

・本日特別に、かつお菜のおひたし♡

・2色のさつまいもムース♡

・五穀米♡

・サラダ♡

まず最初に口にした人参のポタージュは、本当に癒される優しいお味でした。疲れた身体に染みる〜!


そしてこのハンバーグのボリューム!クリスマス近くだということもあって、かなりゴージャスです!デミソースもしっかり濃厚で、ベジとは言われなければ分かりません。ちなみにサラダのドレッシングもベジタリアン用が用意されていました。


特別に出していただいたかつお菜のお浸し。かつおの風味がする青菜なんだそう。実際かつおの風味がほのかに♡(ピンボケすまぬ)


こちらはさつまいものムース!濃厚だけれど優しい味わいでした!クオリティ高い。私は個人的にvegan sweetsが好きです。だって十分美味しいんだもの。

自然農法の野菜は腐らない


「自然栽培の仲間たち」の伊藤誠さんとこの時、お話したのですが自然農法を使ったお野菜は腐らずに、こうして乾燥していくのだそうです。

有機農法とか、オーガニックとか?言葉だけでなく、しっかり捉えていきたいものです。それを知った上で、何を選ぶか、ということがとても大切ですね。(選択は自由です!)


後ろにみえる写真が、乾燥前のりんごです。

奇跡のりんごの木村さんについては、本や店舗もあるので実際に召し上がってみてはいかがでしょうか。

[amazonjs asin=”4344416457″ locale=”JP” title=”奇跡のリンゴ―「絶対不可能」を覆した農家 木村秋則の記録 (幻冬舎文庫)”]
自然栽培の仲間たち 自由が丘shop

愉快なベジ仲間と高橋直弓さんと共に


今回高橋直弓さん(手前右)の声かけで実現したランチ。みんな食べるのに真剣です。奥には 伝説のブログベジップルズ改め宇宙BLOGのtaniのタニさんさんの姿(左奥)も・・・・。1月の高橋直弓監修特別veganティラミスには、残念ながらスケジュールが合わず参加できないのですが、また情報は追記します!


省庁で始めてのベジメニュー導入した、内閣府の小城さんにもお会いできお話を伺えましたが、元々ポールマッカートニーのファンだったとか。



もしも一週間に一度でもミートフリーな一日を作ることが、もしも私たちの健康や、地球の未来に良い影響を与えてくれることだとしたら♡ハッピーです。

世界にはベジメニューという選択肢がもっと身近にありますし、何より宗教を越えて同じテーブルを囲めることはうれしいことです。

東京都都庁も2018年10月からベジメニュー導入をしているそうで、こちらは一般の方もOKとのこと。

つまり、時代は新しく進んでといえるでしょう。オリンピック、そして未来を見据えた時、新しい食文化が生まれ始めている。実際に、それを選択する人が増えてきているという事実があるのです。

まずはどんなものなのか、ベジメニューを知らない方もぜひトライしてみてください。

野菜料理の美味しさ、楽しさを発見できると、また視界が広がります!知らない世界を知る楽しさ、美味しい野菜って?自然な野菜ってどんなもの?という考えるきっかけになったらうれしいです!

ではアディオス!

私が天才だと思うビーガンレシピ開発のパイオニア 高橋直弓さんの衝撃のビーガンタマゴサンドを食べた記事はこちら

アレルギーっ子も安心!卵なしのタマゴサンドが絶品!高橋 直弓さん監修・南浦和URAWA BIOオープン!

ヴィガンアフターヌーンイベント実施告知の記事はこちら(すでに満員御礼で終了)

6月2日(土)阿佐ヶ谷ペーターズにてベジイベント開催!【満員御礼で終了】

2018ビーガンイタリアンコンテストでも入賞

ベジップルズのtaniさんの記事が秀逸!
ポール・マッカートニーと日本の内閣府のベジタリアンな関係性。



mayu from iPhone

最新情報をチェックしよう!